調査リポート
» 2010年06月15日 17時49分 UPDATE

出張時の快適な睡眠は、ビール3カ月分に相当!?

出張先での睡眠時間は、普段とどの程度違うのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ、「少ない」と答えた人は38.6%、「多い」が19.1%だった。阪急阪神ホテルズ調べ。

[Business Media 誠]

 出張先での睡眠時間は、普段とどの程度違いますか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「変わらない」(42.4%)と答えた人が最も多く、次いで「1時間以上〜2時間未満少ない」(17.8%)、「1時間未満少ない」(11.4%)であることが、阪急阪神ホテルズの調査で分かった。全体で「少ない」と回答した人は38.6%に対し、「多い」は19.1%。特に20代既婚女性では、68.0%が普段より睡眠時間が少なくなっており、「配偶者の目も気にならない出張時には、自分のやりたいことをして、夜更かしをしているのかもしれない」(阪急阪神ホテルズ)

 出張先での睡眠時に気になることは何ですか、と聞いたところ「空調」(64.0%)と答えた人が最も多かった。次いで「枕」(47.1%)、「ニオイ」(46.3%)、「音」(41.0%)と続いた。男性より女性の方が、すべての項目で「気になる」と回答した人が多かった。

yd_sleep.jpg (出典:阪急阪神ホテルズ)

出張時、既婚者は未婚者より「飲みに行く」

 快適な睡眠のために、出張時の宿泊費にプラスでかけられるコストはいくらですか? この質問に対し、平均金額は2426円。「これは勤労者世帯における3カ月間のビール購入代(2456円)と、ほぼ等しい結果に」(阪急阪神ホテルズ)。また男女別で見てみると、男性の平均金額は2060円、女性は2793円だった。

 出張の夜の過ごし方を聞いたところ「飲みに行く」と答えた人が、ほぼ全世代の男女において未婚者より既婚者の方が多かった(50代女性を除く)。「普段、既婚者の人は配偶者の手前、飲みに行きにくいのか、出張時に飲みに行って羽を伸ばす人が多いようだ」(阪急阪神ホテルズ)

yd_sleep2.jpg (出典:阪急阪神ホテルズ)

 インターネットによる調査で、20〜50代の男女800人が回答した。調査期間は5月17日から5月18日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集