調査リポート
» 2010年06月14日 15時18分 UPDATE

5年後の賃金が、「高くならない」と思う理由

5年後の賃金が「高くなる」と思っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ、35.3%は「高くなる」とし、54.9%は「高くならない」と回答した。連合総研調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは5年後の賃金が高くなると思いますか? 20〜50代のビジネスパーソンに聞いたところ「高くなる」と答えたのは35.3%に対し、「高くならない(変わらない+低くなる)」は54.9%であることが、連合総研の調査で分かった。「高くならない」と答えた人を属性別で見てみると、男性の20代(35.1%)と30代(38.2%)で3分の1以上、女性の20代(46.2%)と30代(58.4%)では5割前後を占めるなど、若い世代でも上昇期待を持てない人が目立った。

yd_work2.jpg (出典:連合総研)

 また「高くならない」という人に、その理由を聞いたところ「景気や会社の業績の回復が望めない」(42.4%)と答えた人が断トツ。このほか「自分がいまの仕事を続けていない」(15.8%)、「一定年齢以上では給料が上がらない」(12.8%)、「自分の能力や業績が上昇しない」(7.6%)と続いた。

23.5%が「失業の不安を感じている」

 自身の5年後の賃金が、5年先輩の現在の賃金を上回ると思っている人はどのくらいいるのだろうか。「上回る」と答えた人は9.7%に対し、「下回る」が42.1%。「上回る」と答えたのは20代(15.0%)と30代(17.2%)で1割を超えたものの、30代ではわずか3.9%だった。

 今後1年間に失業の不安を感じていますか、と聞いたところ、23.5%が「感じている」と回答。前回調査(2009年10月)と比べて4.8ポイント低下したものの、4月調査としては過去最高(2009年4月)に並ぶ水準だった。

yd_work.jpg (出典:連合総研)

 郵送による調査で、20〜50代のビジネスパーソン739人が回答した。調査期間は4月2日から4月11日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集