ニュース
» 2010年06月14日 08時00分 UPDATE

ミラノサローネ2010、3つの姿勢を考えたフリッツ・ハンセン (1/2)

ミラノサローネ2010レポート。北欧の家具ブランドもミラノサローネでは注目の1つだ。見逃せないビッグブランドがフリッツ・ハンセン。今年はキャスパー・サルト氏の新作チェア「ナップ」が発表になった。

[本間美紀,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 ミラノサローネ2010レポート。北欧の家具ブランドもミラノサローネでは注目の一つだ。見逃せないビッグブランドがフリッツ・ハンセン。今年はキャスパー・サルト氏の新作チェア「NAP」が発表になった。

エキサイトイズム 「NAP」キャスパー・サルト

 この新作はミラノサローネにタイミングを合わせて発表し、2010年の秋から発売を予定しているという。今回フリッツ・ハンセンがサルト氏に与えたお題が「座る」。この当たり前の、かつ大切なテーマを考え抜いて生まれた製品だ。

エキサイトイズム

 サルト氏の言葉によると「座るときには3つの要素がある。ノーマル(Normal)、アクティブ(Active)、パッシブ(Passive)。どんな体勢であっても、できる限り心地よく座れること」をデザインしたという。つまりこの3つのキーワードの頭文字が商品名なのだ。

エキサイトイズム

 ノーマルとは通常どおり、背にもたれて正しく座る状態。カフェで話すときや会議、講演などで多く見られる姿勢だ。

エキサイトイズム

 アクティブとは少し前のめりの体勢だ。食卓に向かって食事をする、パソコンを打つといった行為がそれにあたる。

 そしてパッシブはリラックスした状態。背もたれに深くもたれ、体は少しずれて、くつろいでいる。

 シンプルなフォルムに見えて、NAPはこれだけの「座る」体勢に対応できるようになっているのである。ダイニングチェア、公共椅子、オフィスチェア、リラックスチェア、1脚で何役もこなすのである。

エキサイトイズム
エキサイトイズム
       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

新着記事

news023.jpg
新連載・加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
news017.jpg
任天堂Wii 開発回顧録 〜岩田社長と歩んだ8年間〜:
news012.jpg
水曜インタビュー劇場(空港のクルマ公演):
Loading

注目のテーマ