調査リポート
» 2010年06月09日 12時25分 UPDATE

就職活動に有利だと思うスキル、採用担当者と学生の考えに違い

就職活動に有利だと思うスキルは何ですか? 現在就職活動中の大学生に聞いたところ「PCスキル」と答えた人が最も多く、次いで「英検・TOEIC」。一方、採用担当者はどのように答えたのだろうか。日興アセットマネジメント調べ。

[Business Media 誠]

 就職活動に有利だと思うスキルは何ですか? 現在就職活動中の大学生に聞いたところ「PCスキル」(38%)と回答した人が最も多く、次いで「英検・TOEIC」(35%)、「経済・国際情勢に関する知識」(19%)であることが、日興アセットマネジメントの調査で分かった。また企業側が学生に求めるスキルを聞いたところ、1位が「PCスキル」(62%)、次いで「経済・国際情勢に関する知識」(31%)、「英検・TOEIC」(30%)と続いた。

yd_pc.jpg 就職活動のために実際に身に付ける努力をしているスキル(出典:日興アセットマネジメント)

 学生がPCスキルをアピールすることに対し、企業側はどのように感じているのだろうか。35%の企業は「身に付ける努力をして当然」としており、学生が就職活動においてPCスキルをアピールしても、企業側は“当たり前”と感じることが少なくないようだ。

 また「経済・国際情報に関する知識」については、企業側の期待に対し学生側の意識はまだまだ低いため、「ほかの学生との差別化を図りたい学生は、いまのうちに身につけておくと今後アピールポイントとなるかもしれない」(日興アセットマネジメント)。企業側の「経済・国際情勢に関する知識」をアピールする学生に対する印象は「頼もしい」(25%)が1位。売上高1000億円以上の企業を見てみると、同項目の割合は48%と高かった。

yd_pc2.jpg (出典:日興アセットマネジメント)

 インターネットによる調査で、現在就職活動中の大学生206人と新卒採用の担当者206人が回答した。調査期間は5月20日から5月21日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集