ニュース
» 2010年06月07日 14時58分 UPDATE

フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010 レポート

フェラーリ・ジャパンは5月29日、30日の2日間、富士スピードウェイにおいてフェラーリオーナーを対象としたイベント「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催した。

[日岐まほろ,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 フェラーリ・ジャパンは5月29日、30日の2日間、富士スピードウェイにおいてフェラーリオーナーを対象としたイベント「フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010」を開催した。フェラーリ・フェスティバル・ジャパンは、アジアを代表するオーナーズイベントだ。2日間合わせ、600台余りの跳ね馬たちが富士スピードウェイを埋め尽くした。

エキサイトイズム

 2010年のフェラーリ・フェスティバル・ジャパンでは、V8ミッドシップの「458イタリア」、そして限定モデル「599GTO」という2台のニューモデルの日本初公開が行われたほか、貴重なクラシックフェラーリ、そして国内ディーラーによる現行全モデルの展示などによって会場が華やかに彩られた。

エキサイトイズム 「フェラーリ 458イタリア」
エキサイトイズム 「フェラーリ 599GTO」

 世界的にも有名な富士スピードウェイを舞台とする同イベントのメインは、やはりサーキットイベントだ。中でも最も注目を浴びたのが、F1マシン、FXX、そして2009年の同フェスティバルで国内初披露が行なわれた599XXによるデモンストレーションラン。

エキサイトイズム

 サーキットを走るためだけに生み出された3種のマシンの走行シーン、そして珠玉のフェラーリエンジンが奏でる美しくも獰猛(どうもう)なエキゾーストノートは、会場に訪れたすべてのフェラーリ愛好家たちを魅了していた。そのほかにもエキシビジョンレース「フェラーリトロフィー」や一般フェラーリオーナー体験型走行の「スポーツラン」「アクティビティラン」などが実施された。

エキサイトイズム

 フェラーリ・フェスティバル・ジャパン2010の開催にあたりフェラーリ・ジャパン プレジデント&CEOのエドウィン・フェネック氏は「フェラーリのレーシングスピリットを存分に味わっていただけるイベントでありますが、それだけがフェスティバルの楽しみではありません。フェラーリのライフスタイルそのものを感じていただくことができるでしょう」と語ったが、まさにその言葉どおりフェラーリのDNAを存分に味わうことのできるイベントとなった。

 待望の新型V8ミッドシップ「458イタリア」の導入はもちろんだが、小雨が降りしきる悪天候にも関わらず大変な活気を見せた同イベントの様子を見れば、昨年に引き続き今年も国内フェラーリ市場の活況が予想される。

エキサイトイズム フェラーリの認定中古車展示コーナー。早速「商談中」が掲げられた車両も
エキサイトイズム 販売車両の中心はモダンフェラーリだが、中には1971年式のディーノ246GTといったクラシックの姿も。写真の車両は走行距離は5万120キロで、価格は1800万円

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集