コラム
» 2010年06月05日 00時00分 UPDATE

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:株式市場が人を大人にする

毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』。子どもが手を離してしまったために、空の彼方へ飛んでいった風船。それを見て、あずさも思うところがあったようです。

[雄山スズコ,Business Media 誠]
ah_manga.jpg

 許容せざるをえない現実というものの存在を理解しているのが、大人というものですよね。

 「この株はまだそんなに上がらないはずだ」と勝手に思い込み、現在の株価よりかなり安い価格で買い注文を入れ、期日指定を長くとってしばらく放置、約定通知メールが来ないので気になって株価チャートを見に行くと、自分の指値なんてはるか表示圏外に行ってしまうほど株価が高騰……なんてことがよくあります。

 そんな時、幼いころに外で手を離してしまった風船が、青空に吸い込まれていくシーンが目に浮かびます。大好物の料理なら、お母さんにお願いすればもう一度作ってもらえる。デパートの玩具だって、売り場の床に転がって駄々をこねれば買ってもらえるかもしれない。でも、空の彼方に消えてしまった風船は、どんなに泣いても叫んでも、同じ物を手にすることは絶対に不可能なのです。子どもはこうして虚無感を覚えながら大人になっていくのですね。

 それにしても相場環境というのもまた読みきれないもので、「ライブドア・ショック」だの「リーマン・ショック」だのと、突然に急落します。ストップ安で指しておいたのに買えちゃった……どころか、株価はさらにその下へ、下へ……。こうして、許容したくない含み損が、今もまだ筆者のポートフォリオにはあります。あの株価も風船みたいに遠くに消えて戻って来なければ、こんなことにはならなかったのにー! 現実を許容したくないと思ってしまう筆者は、まだ大人になりきれていないのでしょうか。

 →『カブ・ジェネレーション』バックナンバーへ

 →ミクシィの『カブ・ジェネレーション』コミュニティへ

編集Hのつぶやき

飛んでいった風船を追いかけて、ドブにはまったり、クルマにひかれたりということもありがちです。


ah_seimoe.jpg

著者プロフィール:雄山スズコ

漫画家兼投資家。政治経済ジャンルに主に生息。投資歴5年。中国株、日本株、各種外貨資産などさまざまな金融商品で痛手を負うが、こりずに挑戦中。著書に『政治萌え!〜国会ゆるゆる観察日記』(司書房)。日本経済新聞紹介サイト「nikkei4946.com」で4コマ&コラム「まんがで見るキーワード」を連載中。公式サイト「桃熊薬局」。著作一覧はこちら


関連キーワード

投資 | | 漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集