ニュース
» 2010年05月31日 08時00分 UPDATE

ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用フレデリシア (1/2)

デンマークのフレデリシアといえば、巨匠ボーエ・モーエンセンの家具で世界的に知られる家具工房で北欧モダンを牽引してきたメーカー。今年は新デザイナー起用に意欲的な姿勢を見せた。

[本間美紀,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 デンマークのフレデリシアといえば、巨匠ボーエ・モーエンセンの家具で世界的に知られる家具工房だ。その後は、ナンナ・ディッツェルなどのモダンなチェアなど、北欧モダンを牽引してきたメーカーでもある。

 そのフレデリシア社が今年のミラノサローネの会場では、新デザイナー起用に意欲的な姿勢を見せた。登場したのはアルフレッド・ハベリと安積伸。そして寄寓にも2人の新作には日本語の名前がつけられている。

エキサイト

 アルフレッド・ハベリ氏の新作は「AKI」。その名のとおり、日本語の秋から名づけられている。

エキサイト

 通常、いすは4本の足を持つが、これは90度の角度で組み合わせた板状の3本足で構成されている。

エキサイト

 「一見不安定に見えて、実はとても安定している。このひねりが僕のデザイン。また木材の使い方のセンスには多くのデンマークデザインの影響を受けていて、そのオマージュにもなっている」(アルフレッド・ハベリ氏)

 バックの中心には背骨のような板材がつらぬき、その両側をはりぐるむ。フレデリシア社の技術がなければ実現できないデザインで、布張りも革張りも可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集