調査リポート
» 2010年05月27日 13時28分 UPDATE

母親に聞く、子どもと結婚の話をしない理由

独身の子どもを持つ親は、子どもの結婚についてどのように考えているのだろうか。25〜39歳の独身の子どもを持つ母親に、子どもと結婚のことについて話しますかと聞いたところ「話さない」と答えた人は57.3%だった。オーネット調べ。

[Business Media 誠]

 晩婚化が進む中、独身の子どもを持つ親はそのような状況をどのように感じているのだろうか。25〜39歳の独身の子どもを持つ母親に、子どもと結婚のことについて話しますかと聞いたところ「あまり話さない+全く話さない」と答えた人は57.3%であることが、オーネットの調査で分かった。「結婚について話さない」という人に、その理由を聞いたところ「子どもに結婚の意志がないから」(30.6%)と答えた人が最も多かった。このほか「子どもがあまり話したがらないから」(29.8%)、「親が結婚について口を挟むと、子どもが嫌がるから」(23.6%)、「理由はないが、話す機会がない」(21.7%)と続いた。

yd_child.jpg (出典:オーネット)

 また婚活についてどのように考えていますか、と聞いたところ「本人次第」という意見が73.3%。お見合いや紹介があったときどうしますか、という問いにも「本人の意志に任せる」が70.4%と、子どもの意向を尊重する傾向がうかがえた。

子どもの結婚について

 母親は、子どもの結婚についてどのように考えているのだろうか。「結婚してほしい」と答えたのは62.4%、「本人の気持ち次第」が37.1%、「結婚してほしくない」と思っている親はわずか0.4%。ただ子どもがどのように考えているか、と聞いたところ「結婚したい」は58.7%、「いまは考えていないと思う」が26.4%、「分からない」が12.0%、「一生したくないと思っている」が2.9%。子どものいまの気持ちは、結婚を考えていないか、そういった素振りが見られないという割合が増えた。

 ちなみに74.0%の母親は「自分は幸せな結婚生活をしている」、95.1%は「子どもを産み育てて良かった」と回答。また、89.6%は「自分の子どもには、できれば子育てを経験してほしい」と思っている一方、73.1%は「子どもが独身でいることにプレッシャーを感じたことはない」と、子どもの結婚について焦っている様子はうかがえなかった。

yd_child2.jpg (出典:オーネット)

 インターネットによる調査で、25〜39歳の独身男女の子どもを持つ母親450人が回答した。調査期間は5月14日から5月21日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集