ニュース
» 2010年05月26日 08時00分 UPDATE

重厚感ある懐中時計「サボネット」――モンディーン

スイス国鉄オフィシャル鉄道ウオッチを手掛けるモンディーンから、懐中時計「サボネット」が登場。価格は3万1500円。

[岡田大助,Business Media 誠]
MONDAINE サボネット

 ネオクラシックを彷彿(ほうふつ)させる重厚感ある懐中時計――。DKSHジャパンは、MONDAINE(モンディーン)の懐中時計「サボネット」を5月に発売する。専用の赤い牛革ケース付きで、価格は3万1500円。

 サボネットは、ポケットから取り出して竜頭が下にある状態で時計の蓋を開けるとダイヤルが正面になる。これは、ナースウオッチや鉄道時計の使い勝手を取り入れたもの。

 ケース裏面には、スイス国鉄の略称である「SBB」という刻印が入り、スイス国鉄公式時計であることを示す。1940年代にスイス国鉄のエンジニアで、デザイナーでもあったハンス・フィルフィカーが開発した「スイス レイルウェイ ステーションクロック」のデザインを色濃く受け継いでいる。

 ケースは、サテン仕上げのステンレススチール製。サイズは48×15ミリ(直径×厚さ)で、41センチのスネークチェーンが付属する。


関連キーワード

スイス | モンディーン | 鉄道


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集