調査リポート
» 2010年05月17日 12時00分 UPDATE

3Dテレビで、見てみたいコンテンツは?

3Dテレビを購入したいと考えている人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の男女に聞いたところ「発売されれば、すぐにでも購入したい」と答えた人は、わずか0.7%だった。みずほ情報総研調べ。

[Business Media 誠]

 3Dテレビを購入したいと考えている人はどのくらいいるのだろうか。3Dテレビに対して「発売されれば、すぐにでも購入したい」と答えた人は、わずか0.7%であることが、みずほ情報総研の調査で明らかになった。ただ「買い替えなどのタイミングに関係なく、条件が整えば購入したい」「買い替えなどのタイミングであれば、条件次第で購入したい」など、購入意向を持っている人は4割を超えた。

yd_tv.jpg (出典:みずほ情報総研)

 また購入したいテレビ画面サイズが大きい人ほど、3Dテレビの購入意向が高く、40インチ以上で52.6%、50インチ以上では69.9%を占めた。「現時点で、市場への投入が発表されている3Dテレビはいずれも40インチ以上であるが、このような大画面テレビを購入したい人は3Dテレビの有力なターゲットといえそうだ」(みずほ情報総研)

3Dテレビで見たいコンテンツ

 3Dテレビを購入したいと考えている人は、3Dテレビでどのようなコンテンツを見たいと思っているのだろうか。この質問に対し、「映画」(89.0%)と「スポーツ」(63.7%)と答えた人が多かった。現在よく視聴しているコンテンツでも「映画」(75.9%)と「スポーツ」(58.3%)を挙げた人は多く、3Dでも見てみたいという人が多いようだ。一方「演劇/公演」「特撮」「アダルト」の3ジャンルは、「よく視聴しているテレビ番組のコンテンツ」と答えた人に比べ、3Dで見てみたいと答えた人が、それぞれ2.0倍、2.8倍、3.3倍と特に多かった。

 逆に「バラエティ」「ニュース/報道」「情報/ワイドショー」は、「よく視聴しているテレビ番組のコンテンツ」と答えた人は多かったものの、3Dで見てみたいという人の割合は、それぞれ21.9%、14.6%、13.4%と低かった。

yd_tv2.jpg (出典:みずほ情報総研)

 インターネットによる調査で、20代以上の男女1000人が回答した。調査期間は2月26日から3月1日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -