ニュース
» 2010年05月14日 23時00分 UPDATE

週末散歩:おいしくて楽しいタイを満喫――タイフェスティバル

5月15日、16日の2日間、代々木公園でタイフェスティバルが開かれる。約50のタイ料理店ブースを始め、物販ブースやステージなど、さまざまな“タイ”を体感できる楽しいイベントだ。

[Business Media 誠]

 5月15、16日の2日間、東京都代々木公園イベント広場およびケヤキ並木で「タイフェスティバル 2010 in 代々木公園」が開かれる(以下タイフェス)。開催時間は2日間とも10時から20時まで、雨天決行。

ay_thai04.jpg フルーツカービング(左)。前足が青い手長エビ(右)

 代々木公園では一年中、世界各国のフェスが開かれているが、今年で11回目の開催となるタイフェスはこの手のイベントの元祖ともいえる。スタート時は「タイ・フードフェスティバル」という名だっただけあり、東京近郊を中心にタイ料理店が50店出店。人気店の味も気軽に楽しめる。

 タイカレーやパッタイ(タイの焼きそば)やガパオ炒めごはんといった定番メニューを出す店が多いが、ここはいつもと違うメニューにもチャレンジしたいところ。タイ北部の人気メニュー「カオソーイ」(柔らかい麺と揚げ麺の2種類が入ったカレーラーメン)や、ここ数年人気急上昇のおやつ「カノムクロック」など、珍しいメニューも手ごろな値段で食べられる。

ay_thai02.jpg タイ北部の名物料理「カオソーイ」
ay_thai03.jpg こちらはタイ南部のカレー。激辛
ay_thai01.jpg たこ焼きのような形のカノムクロック。ココナッツミルク味で優しい甘さ

 食べ物以外にも見どころはいろいろ。タイ雑貨の店やタイ式マッサージを受けられる店、フルーツカービングの実演や旅行会社など、タイの文化を体感できるのも楽しい。また、ステージでは11時から19時まで、さまざまなプログラムが行われる。伝統舞踊、ムエタイ、ダンス、人気のポップス歌手のライブなど演目はさまざまだ。

 今年は新しい試みとして、twitterの公式アカウントが登場(@thaifestival)。会期中はさまざまな情報をつぶやくそう。また、会場の5カ所のポイントを回ると商品がもらえるスタンプラリーも行うそうなので、会場についたら早めに台紙を入手しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集