調査リポート
» 2010年05月14日 13時40分 UPDATE

何が原因で、うつ病から回復しないのか (1/2)

うつ病から回復した人は何をきっかけに、病気を克服したと思っているのだろうか。元うつ病患者に聞いたところ「時間とともになんとなく回復した」と答えた人が最も多く、次いで「休養で楽になった」「薬が効いた」と続いた。キューライフ調べ。

[Business Media 誠]

 うつ病を治療中の人は、何が原因で、うつ病から回復しないと考えているのだろうか。QLife(キューライフ)の調査によると、「自分の考え方や性格のため」(72.6%)と答えた人が最も多いことが分かった。次いで「抱えている問題や悩みが深刻なため」(54.2%)、「休養がとれないため」(25.8%)と続いた。このほか「家族の理解がないため」「職場の理解がないため」といった周囲の理解不足や、「薬の効果が出ないため」「主治医の処方や治療方針が不完全なため」など治療の効果不足を考えている人は10〜20%ほどしかいなかった。

yd_life2.jpg 何が原因で、うつ病から回復しないと思いますか? (出典:キューライフ)

 一方、うつ病を回復した人は何をきっかけに、病気を克服したのだろうか。「時間とともになんとなく回復してきた」(43%)と答えた人が最も多く、次いで「休養で楽になった」(41%)、「薬が効いた」(38%)、「抱えている問題や悩みを、違う視点/次元で見るようになった」(34%)、「家族や友人との会話」(32%)と続いた。年代別に見てみると、20〜30代は「時間」が解決したという人が多いが、50〜60代は「治癒」「休養」がきっかけと考えている人が目立った。また20代は「薬」「医師」などの治療の効果を認める人がほかの世代に比べて少ないかわりに、「家族・友人」と答えた人が多かった。

yd_life.jpg 何をきっかけに、うつ病から回復していったと思いますか? (出典:キューライフ)

 また、うつ病から回復した理由で「そのほか」と答えた人に、具体的な内容を聞いたところ「退職」(18%)を挙げる人が最も多かった。次いで「職場異動」(10%)、「転職」(7%)、「結婚/出産/離婚」「環境を変えた」(いずれも6%)と続いた。「一般的には『うつ病の治療中には重要な決断をしてはいけません。会社を辞めてはいけません』とされるが、実際には退職・転職をした人も多く、かつそれがきっかけで回復したととらえている人が少なくないようだ」(キューライフ)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集