速報
» 2010年05月12日 17時09分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:買い先行で始まるも引き続き持高調整の売りも多く冴えない展開 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 10394.03円 ▼17.07円
売買高 25億7965万株
日経平均先物 10370円 ▼30円
売買代金 1兆7491億円
TOPIX 932.83 △0.73
値上がり銘柄 736銘柄
東証マザーズ指数 452.39 ▼6.05
値下がり銘柄 804銘柄
日経ジャスダック平均 1305.42円 ▼3.45円
変わらず 132銘柄
騰落レシオ 92.90% ▼2.10%

日経平均

買い先行で始まるも引き続き持高調整の売りも多く冴えない展開

 米国市場は前日の大幅高の反動もあり、冴えない展開となりましたが、日本市場は逆に昨日の大幅下落の反動や円高一服となったことから買い先行となりました。好決算に素直に反応する動きもあり、堅調となりました。ただ、外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)が売り越しと伝えられたことや持高調整の売りもまだ出ていたこともあり、寄り付きの買いが一巡した後は上値の重い展開となりました。為替が落ち着いた動きであったことから、値持ちも良かったのですが、昨日同様に前場の中頃からは手仕舞い売りに押されて上げ幅縮小となりました。

 昨日と同じように後場に入ると先物へのまとまった売りもあり、軟調となりました。為替が円高に振れると売りが嵩むという状況で、昨日同様に持高調整の売りに押される展開となりました。売り一巡感もあり、また好決算に反応する動きもあり、昨日よりは底堅さも見られましたが、目先の需給に振らされてさえない展開はまだ続いている状況です。加えて、米金融機関の金融派生商品(デリバティブ)に関する調査の話が伝わると、最後は目先筋の見切売りも嵩んで下げ幅を拡大、軟調な引けとなりました。

 小型銘柄は東証マザーズ上場会社が金融商品取引法違反の疑いで証券取引等監視委員会の強制捜査が入ったと新聞で報じられ、買いが見遅れられて総じて軟調となりました。東証マザーズ指数は大幅安、日経ジャスダック平均も軟調となりました。先物にもまとまった売り買いは朝方から見られましたが目先筋の売り買いが中心で指数の方向感を出すにはいたりませんでした。オプションSQ(特別清算指数)算出もあり、ヘッジの売り買いも出て方向感のないながらもまとまった売り買いが見られたものと思います。

 特に警戒しなければならない材料もある程度織り込まれたものと思われますが、相変らず持高調整の売りに押される展開になっています。先週あたりから売買高も膨らんできており、持高調整の売り買いが中心となっているものと思います。米国では中間選挙の年ということもあって、金融規制や金融機関の訴追、そしてこの日も取り沙汰されたような調査などが多くなる可能性もあり、業績回復を素直に織り込み難い展開は続くのかもしれません。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 雲に上値を押さえられたような格好となりました。遅行線がかろうじて雲にサポートされていますが、RSIやストキャスティックスが揃って底値圏からの反発とならないと調整が終わらないということかもしれません。当面は下値を探りながら、上値を雲に押さえられるような動きが続くのかもしれません。

TOPIX

NYダウ

 雲の下限でサポートされてはいるものの上値の重い展開となっています。RSIやストキャスティックスも若干下値余地があり、まだ下落が続いているので、底値固めと言う感じで調整が続くのでしょう。雲の下限に沿っての動きが続くのではないかと思います。

円相場

NYダウ

 雲を抜けて雲のサポートを確認するように底堅さが見られます。ただ、遅行線は日々線に上値を押さえられており、もみ合いとなりそうです。RSIやストキャスティックスは方向感に乏しく、引き続き日々線が雲にサポートされて底堅く、遅行線が日々線に上値を押さえられて狭い範囲でのもみ合いが続きそうです。

銘柄ピックアップ

好決算に反応する動きもあり堅調なものも多い

旭硝子(5201) 1065 △20

 昨日の引け後に2010年12月期の純利益が前期比5.5倍になりそうだと発表、従来予想を大きく上回ったことから好感する買いが入り堅調となりました。

住友鉱(5713) 1372 △49

 海外市場で金先物が中心限月ベースで過去最高益を更新したことに加え、昨日の引け後に発表した2010年3月期の連結純利益が従来予想を上回ったことなどを好感する動きもあって大幅高となりました。

オリンパス(7733) 2418 ▼202

 昨年の10月以来の安値水準まで大幅下落となりました。昨日の引け後の決算発表時に2011年3月期の連結純利益が大幅減となると発表、市場予想も大きく下回ったことが嫌気されてじりじりと売られました。

ローム(6963) 6360 ▼230

 昨日の取引時間中に2011年3月期の連結純利益が前期比3.5倍になりそうだと発表したのですが、予想の範囲内と言うこともあり、材料出尽くし感からの売りや持高調整の売りに押されて軟調となりました。

トヨタ(7203) 3590 △95

 昨日の引け後に発表された2010年3月期決算で営業損益が当初の計画に比べて1年早く黒字に転換、最終損益も2期ぶりの黒字に転換したことが好感されて買われ、堅調となりました。今期(2011年3月期)業績見通しは市場予想を大きく下回ったのですが、特に問題視されず買われました。

オリコ(8585) 83 △1

 みずほFG(8411)がグループ会社化する方向で最終調整に入ったと新聞で伝えられたことから、好感する買いが入り堅調となりました。相場全体に手詰まり感が強いなかで幕間つなぎ的に材料に反応したものと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集