コラム
» 2010年05月12日 08時00分 UPDATE

リストラ後に輝く組織とは? (1/2)

不況下でリストラを進める時、どうしても陥りがちなのが目先のことばかりを見てしまうということ。筆者は、リストラ時だからこそ、経営者が夢を従業員と共有することが重要だと説きます。

[今野誠一,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

今野誠一(いまの・せいいち)

マングローブ社長。組織変革と、その担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。そのかたわら、経営者コミュニティサイト「MG-NET+(マグネットプラス)」編集長として経営者同士のネットワーク作りにも取り組んでいる。著書に『マングローブが教えてくれた働き方 ナチュラル経営のススメ』(ブルース・インターアクションズ)。


 2008年春ごろから、リストラの相談が増えました。未曾有の不況の中、ダウンサイジングは企業の生き残りをかけてのやむを得ない選択であり、「スムーズに進めるためにはどうしたらいいか」というわけです。そうした相談を受けて、いつも心配になることが3つあります。

 1つ目は、リストラが目的化する危険があるということ。危機に瀕して、その脱出策とリストラ計画を描くのですが、リストラ計画が先行して、その先の再生路線までを描き切れないままに、さまざまな対策を進めているということ。

 2つ目は、本当に必死なのは社長と一部の幹部だけで、幹部以下社員の危機感や当事者意識が希薄とまでは言いませんが、温度差が相当大きい中で進んでいっている例が多いということです。

 3つ目は、そもそも自信を失っている社長が多いということです。

リストラ時は目先の仕事だけに集中しがちになる

 今回は1つ目の「リストラが目的化する」という問題について取り上げることとします。

 企業の再生局面では「厳しい状況を乗り切った後に何が待っているのか」を、意思を強く持って上手に示すことが大事です。しかし、生き残りが大命題となり、今を乗り切ることに躍起となってしまっている中では、それができないのが実情です。社長も経営陣も余裕を失っている上、社員に将来展望や夢を提示することが「目の前の乗り切り策に集中できなくする余計な雑音」という思い込みを持ってしまっているためです。

 乗り切り策が思うように進めば問題はないのですが、山あり谷ありが現実。経営会議などの幹部が集まる会議で、一部の幹部から「社員は疲弊しています」などという社長が一番聞きたくない報告がされることになります。なかなか成果が出にくい時に、目の前の乗り切り仕事だけに集中させられることは、目の前の大きな砂山を意味もなく「10メートル隣に移動させろ」と言われているに等しいことになる危険性があります。

 理想的には、幹部は1人1人が社長にとっての経営の同志であってほしいわけですが、ただ単に期待して仕事を任せているだけでは、なかなか自動的に同志にはなってくれません。その第一歩は社長の意思を深く知る機会を多く作ることであり(「分かっているだろう」という期待は見事に裏切られます)、そして2番目に必要なことは「ともに夢を描く」ということです。

 このように申し上げると、「リストラまでしなくてはいけないような状況で『夢を描く』なんて、寝言を言っている場合じゃない」という声が聞こえてきそうです。しかし、あえて言わせていただければ、「社長がそういう意識だから組織に力が生まれない」のです。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集