コラム
» 2010年05月01日 00時00分 UPDATE

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:ビジネスパーソンに贈る、上司を説得できる格言

毎週土曜連載の『カブ・ジェネレーション』。上司から取引先とのビジネスについて意見を求められたあずさ。彼女は数々の格言を例に、ビジネスの可否を判断していますが……。

[雄山スズコ,Business Media 誠]
ah_manga.jpg

 これまで多くの人々が辛酸をなめてきた株式市場には、いくつもの格言が残っています。たくさんの人がこれに救われたり、時には惑わされたりもしてきました。

 「押し目待ちの押し目なし」(「安くなったら買おう」と待っている時には安くはならない)

 「落ちるナイフは掴むな」(株価が急落している銘柄には手を出さない方がよい)

 「5月は株を売って遊びに行こう」(読んで字のごとく? 米国では5月を過ぎると株価が下がる傾向があるらしい。原文は「Sell in May and go away」)

 ほかにもいろいろありますが、実際に取引をしていて「確かに言われている通りだった〜!」と痛感(文字通り、手痛い失敗で)することが筆者の場合はよくあります。しかし株式相場の格言は、普通の格言とは少し違うので、こればかりが頭に浮かぶようになるとちょっとどうかと思います。

 →『カブ・ジェネレーション』バックナンバーへ

 →ミクシィの『カブ・ジェネレーション』コミュニティへ

編集Hのつぶやき

たまに相反する格言があったりするのも悩みどころです。


ah_seimoe.jpg

著者プロフィール:雄山スズコ

漫画家兼投資家。政治経済ジャンルに主に生息。投資歴5年。中国株、日本株、各種外貨資産などさまざまな金融商品で痛手を負うが、こりずに挑戦中。著書に『政治萌え!〜国会ゆるゆる観察日記』(司書房)。日本経済新聞紹介サイト「nikkei4946.com」で4コマ&コラム「まんがで見るキーワード」を連載中。公式サイト「桃熊薬局」。著作一覧はこちら


関連キーワード

投資 | | 漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集