速報
» 2010年04月28日 16時02分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:欧米での信用収縮=リスク許容度の低下を受けて連休前に持高調整の売り買いが嵩み大幅下落 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 10924.79円 ▼287.87円
売買高 24億7831万株
日経平均先物 10940円 ▼270円
売買代金 1兆9307億円
TOPIX 977.64 ▼19.99
値上がり銘柄 151銘柄
東証マザーズ指数 502.35 ▼4.10
値下がり銘柄 1476銘柄
日経ジャスダック平均 1350.01円 ▼4.84円
変わらず 44銘柄
騰落レシオ 113.36% ▼12.18%

日経平均

欧米での信用収縮=リスク許容度の低下を受けて連休前に持高調整の売り買いが嵩み大幅下落

 欧米の株式市場がギリシャやポルトガルの格下げに端を発した信用収縮の動き=リスク許容度低下の動きを受けて手仕舞い売りに押されて大幅安となったことや円高を受け、日本市場でも売り先行となりました。外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)も売り越しと伝えられたことや昨日まで大幅上昇となっていた反動から先物を筆頭に売り気配から始まるものも多く、寄り付きの売りが一巡したところでも戻りの鈍い展開となりました。戻りの鈍さを確認すると売り直される場面もあり、ほぼ全面安、輸出関連銘柄などを中心に大きく下落するものが目立ちました。

 後場は若干切り返す、下げ渋る場面もありましたが、大型連休を前に持高調整となるものも多く、目先筋の手仕舞い売りも嵩んで小動きとなりました。好決算を発表する銘柄も多く、持高調整の売りが出ている銘柄は戻りも鈍く、決算発表の影響は限定的となりました。好調な決算を発表する銘柄も多いことから、売りポジションを大きく膨らませるような動きも少なく、後場に入ると持高調整の売り買いも一段落となったように、方向感のない展開となりました。最後は手仕舞いやヘッジの売り買いが交錯となりましたが、見切売りも嵩んで安値圏での引けとなりました。

 小型銘柄も軟調なものが多かったのですが、主力銘柄の下落に比べると目先筋の見切売りなどが少なかったこともあり、底堅い展開となりました。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均共に軟調と言う水準に下落幅が止まりました。先物は朝方はまとまった売り買いも見られましたが徐々にとまった売り買いも少なくなって、指数を大きく方向付けるような動きはありませんでした。まとまった売り買いに指数が押し上げられる、あるいは押し下げられる場面も見られましたが、散発的な動きに止まりました。

 決算動向に反応しているものもいくつか見られましたが、ほとんどの銘柄が昨日までと同様に、目先の需給に振らされている感じです。取引時間中の決算発表への反応も、業績が良いから買われる、業績が悪いから売られるということでもなく、決算が発表されたから買う、発表されたからとりあえず売る、と言うような決算の内容よりも決算発表があるのか、ないのか、と言うことが材料視されているようです。大型連休を控え、ますます飛び石連休の谷間となる週末は目先筋と持高調整の売り買いが中心となり、目先の需給だけで右往左往することになりそうです。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 基準線を抜けかかってまた割り込んだことで基準線が上値を押さえた格好となりました。遅行線は日々線を意識するところで下げ渋り、下値の節目水準でもあり底堅さは期待されます。連休明けから遅行線が絡む日々線が上昇となっており、買戻しを交えながら好業績を織り込むように堅調となるかどうかが大いに注目されます。

TOPIX

NYダウ

 再び基準線のサポートを確認するような動きとなりました。RSIもストキャスティックスも落ち着きがなく、中途半端な位置にあって方向感はなく、基準線を割り込むと遅行線が日々線にサポートされるのかどうかと言うことになるのでしょうが、遅行線が絡む日々線はしっかっりと上昇しており、いったん遅行線が日々線を割り込み、日々線も雲のサポートを確認するような大きな下げとなる可能性もありそうです。

円相場

NYダウ

 上値の重さを確認して急落となりました。転換線にサポートされて、遅行線も日々線を意識して底堅さも見られます、ストキャスティックスは上値余地がありながらも下落を示唆し、RSIも中途半端な位置で方向感のない展開となっています。上値の重さを確認しては調整となり、基準線でのサポートを確認するような場面もあるものと思います。

銘柄ピックアップ

連休を控え持高調整の売り買いが中心

シャープ(6753) 1224 ▼30

 昨日の引け後に2011年3月期の連結業績見通しを発表、大幅増益を見込んでいるのですが、欧米株価の下落や前日までの上昇の反動もあり売り先行となりました。持高調整の売り一巡後は下げ渋りましたが軟調となりました。

東  レ(3402) 551 △7

 独ダイムラーと炭素繊維材料を共同開発すると新聞で報じられ、収益拡大期待や持高調整の買い戻しなどから買われて堅調となりました。

日電硝(5214) 1368 △15

 昨日の引け後に発表した2010年3月期連結決算で純利益が前期比2.5倍と過去最高を更新したことを好感して買われ、市場がほぼ全面安となるなかで堅調となりました。複数の証券会社が目標株価を相次いで引き上げたことも好感されたものと思います。

タムラ製(6768) 308 ▼12

 昨日2010年3月期業績の下方修正を発表、嫌気する売りに押されて大幅安となりました。コスト削減は進めているものの原材料価格の予想以上の上昇から収益が悪化したものとされています。

豊田織機(6201) 2724 △13

 朝方は欧米株安を受けて売り先行となっていましたが、昼の時間帯に2010年3月期決算と2011年3月期業績見通しを発表。業績見通しが予想を上回ったことが好感されて買われ、堅調となりました。

ファナック(6954) 11050 ▼620

 昨日は取引時間中に好決算を発表し、素直に好感する買いが入り大幅高となりましたが、本日は地合いの悪さから雰囲気は一変し、持高調整の売り買いが一巡後は目先筋の見切売りもあって大幅安となりました。昨日に続き今日も目先の需給に振らされた格好となりました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集