ニュース
» 2010年04月27日 16時14分 UPDATE

ホンダの125ccスクーター「PCX」が爆発的に売れている

ホンダは、環境に配慮しつつ、デザイン性を重視した125ccスクーター「PCX」の受注状況を発表。3週間で年間販売計画の9割を達成した。

[岡田大助,Business Media 誠]

 デザインとエコロジーが融合したホンダの125ccスクーター「PCX」が売れまくっている。

do_pcx100427_1.jpg

 ホンダによると、2010年3月30日の発売からおよそ3週間で、PCXは7400台以上売れたという。年間販売計画台数を8000台とした同社にとって嬉しい悲鳴だろう。購入層は、20代のエントリーユーザーから30代の男性まで幅広い。

 PCXは、国内の125ccバイクでは初めてとなるアイドリングストップ機構を搭載、ガソリン1リットルあたり53キロという低燃費を実現した。前輪、後輪ともに14インチの大径アルミホイールを採用し、快適な乗り心地と高い走行安定性を求めた。また、後輪ブレーキ(左レバー)の操作だけで、前輪にも制動力が配分する「前・後輪連動ブレーキ」を標準装備している。

 PCXは環境性能だけでなく、デザインも重視。ウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトから、リアのショートテールカウルまでの流線型フォルム、めっき仕上げのパイプハンドルなどスポーティな印象を与える。シート下には25リットルの収納スペースを用意した。

 車体色は、パールヒマラヤズホワイト、アステロイドブラックメタリック、キャンディロージーレッドの3色。価格は29万9250円。

do_pcx100427_2.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -