速報
» 2010年04月22日 08時37分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:好決算に反応するものの利益確定売りや金融規制懸念、欧州金融不安で上値も重い (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>11124.92△7.86

<NASDAQ>2504.61△4.30

<為替:NY終値>93.19-93.25

好決算に反応するものの利益確定売りや金融規制懸念、欧州金融不安で上値も重い

 前日引け後や朝方発表された決算が予想を上回るものが多く、景気回復、業績回復を織り込むように堅調な始まりとなりました。ただ、ECB(欧州中央銀行)定例理事会の開催を前に金融不安が強まり、米国でも引き続き大手金融機関の訴追問題から金融規制強化に対する懸念も強まったことでリスク許容度が低下、原油価格など商品市況が軟調となり、株式市場も利益確定売りを急ぐ動きも見られました。業績回復を織り込んで実需的な買いは入るものの投機的な動きが鈍く、医療保険改革法の成立で収益悪化が懸念される医薬品株が売られ、上値を押さえる展開となり好決算の発表が多かったわりに指数は小幅高に止まりました。

 業績回復を織り込み、「業績相場」となっているのですが、今度は逆にリスクテイカー、投機的な資金が商品市場からも株式市場からも撤退してしまったかのようです。市場全体の資金の回転が鈍いというような感じで、高値圏ということもあるのでしょうが、好材料への反応が今一つ、医療保険改革なども悪材料とされて医薬品株が売り込まれるなど悲観的になっていると言う感じです。市場参加者の広がりが見られないことで動きが鈍くなっているものと思います。引き続き業績回復を徐々に織り込むように利益確定売りをこなして底堅い堅調な展開が続くものと思います。

 個別には前日の引け後に予想を上回る決算を発表したアップルが大幅高、朝方発表された決算が予想を上回ったモルガン・スタンレーやボーイング、マクドナルド、ユナイテッド・テクノロジーズが高くなっています。逆に前日引け後の決算で売上高が予想を下回ったヤフーが大幅安、朝方発表された決算で売上高が予想を下回ったAT&Tや純営業損益が予想を下回ったウエルズ・ファーゴなど、予想を一つでも下回ると売られるというように、悪材料に敏感な反応となっていました。金融規制強化懸念から銀行株など金融株が総じて軟調、JPモルガン・チェースやシティグループ、ゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカなど軒並み軟調となりました。原油価格が下落したことからエクソン・モービルやシェブロンなど石油株も軟調となりました。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株高や円安を好感し大幅高となりました。外国人も大幅買い越しと伝えられたことや持高調整の売り買いの中で買戻しなども見られ、大きな上昇となったものと思います。過熱感は強いものの欧米での金融不安や金融規制懸念からの信用収縮の動きが一段落となったことで買われたものと思います。

 米国市場は上値の重い展開となりましたが、企業業績の回復は見られ、日本市場は「上値が重い」と言うことに反応するのか、「業績回復」と言うことに反応するのかで動きが変わって来るものと思います。ただ、昨日の大幅高でも何かの材料に反応しているというよりは過熱感が強い中で、決算発表の本格化を前に持ち高を調整する動きで指数が押し上げられたような面もあるのではないかと思われ、本日も依然、過熱感が強いことや欧州での金融不安や米国金融規制強化懸念、また、中国の金融引き締め懸念などもあり、上値の重い展開となるのではないかと思います。出遅れている銘柄や今後のテーマとなるような材料含みの銘柄などは底堅い堅調な展開となりそうです。

 日経平均が再び11000円を超えて来たことで、とりあえずは11000円を固めるような動きとなって来るのではないかと思います。節目らしい節目は先週末から今週初めにかけてあけた「窓」=10954円〜11085円水準、であったのですが、昨日の上昇で「埋めた」格好となり、11100円水準からは上値も重くなりそうです。一昨日から昨日も11000円の水準で「窓」を空けており、とりあえずは上値の重い中で、11000円台固めということになりそうです。

本日の注目点

◇白川日銀総裁講演(ニューヨーク)

◇ECB(欧州中央銀行)定例理事会

◇3月の貿易統計(財務省)

◇3月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会)

◇EU加盟国の財政赤字と政府債務残高発表

◇3月の米卸売物価指数

◇3月の米中古住宅販売

◇2月の米FHFA住宅価格指数

◇1−3月期決算:米マイクロソフト、米コンチネンタル航空、米ベライゾン、フィンランド.ノキア、スイス.ネスレ、スイス.クレディ・スイス

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集