コラム
» 2010年04月21日 08時00分 UPDATE

苦しい時こそ筋を通す――リコール騒動を巡るトヨタのサプライヤ対応 (1/2)

内紛の噂まで飛び出してきたトヨタ自動車の大規模リコール騒動だが、トヨタはこの難局を無事乗り切ることができると筆者は予想する。その根拠には、リコール問題が拡大していく中での対象部品のサプライヤに対するトヨタの対応があるという。

[中ノ森清訓,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:中ノ森清訓(なかのもり・きよのり)

株式会社戦略調達社長。コスト削減・経費削減のヒントを提供する「週刊 戦略調達」、環境負荷を低減する商品・サービスの開発事例や、それを支えるサプライヤなどを紹介する「環境調達.com」を中心に、開発・調達・購買業務とそのマネジメントのあり方について情報提供している。


 自動車部品を巡るリコールで記憶に新しいのは、2000年に行われたフォードによるエクスプローラーに標準で装着されていたブリヂストン・ファイアストンのタイヤ1440万本のリコールです。この時、「問題は車ではなく、タイヤだ」と、当時フォードCEOだったジャック・ナッサー氏は、この問題の非を一方的にブリヂストン・ファイアストンに一貫して押し付けました。

 当初、フォードと共同で問題の解決を図ろうとしていたブリヂストン・ファイアストンも、フォードの一方的な対応に業を煮やし、2001年5月にフォードへのタイヤ供給打ち切りを宣言します。業績低迷やタイヤ事故問題によるイメージ悪化に伴い、2001年10月にナッサーCEOは辞任に追い込まれ、その後の裁判でエクスプローラーの設計上の欠陥が指摘されるなどした後、2005年10月にブリヂストン・ファイアストンが約275億円の和解金をフォードに支払うことで、ようやく和解します。

 この間、5年もの年月が費やされましたが、リコールのきっかけとなった事故の原因はタイヤにあるのか、車両設計にあるのか特定されず、その間、それまで100年続いていた両社の取引は停止されたままでした。

 トヨタは、このケースに学んだのか、アクセルペダルが戻りにくくなる不具合、プリウスのブレーキの不具合のいずれにおいても、これまでのところ、サプライヤに非を押し付けるのではなく、「自社の設計の問題」と発表しています。それのみならず、アクセルペダルの部品サプライヤであるCTS社について、その技術力や品質を擁護する発言や、CTSとの取引を継続することを明言するなど、非を押し付けるどころか、関係に配慮した発言を続けています。

 そうした姿勢が評価されてか、トヨタのリコール問題が取り沙汰された後、1月に行われた米国の調達・購買担当者を対象とした調査では、トヨタのリコール問題により、「取引先からのトヨタの評価は変わらない」が57%、「取引先からの評価が上がる」が14%、「取引先からの評価が下がる」が29%となり、取引先からの評価はあまり下がっていないことがうかがえます(出所:Purchasing March 2010)。

 調査では29%が「取引先からの評価が下がる」と回答していますが、これはトヨタの対応に問題があったというよりも、消費者の製品メーカーに対する品質評価が下がることを懸念してのことと推察されます。それより着目すべきは、リコール問題の発生という評価が上がるべき要素のない中で、14%が「取引先からの評価が上がる」と回答していることです。それだけ、トヨタの今回のCTS社についての対応が公正であったと言えます。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集