速報
» 2010年04月20日 16時15分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」夕刊:米国金融規制懸念が薄らいだことなどから買い先行だが上値は重く最後は軟調 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

市況概況

日経平均 10900.68円 ▼8.09円
売買高 19億5482万株
日経平均先物 10900円 ▼10円
売買代金 1兆3766億円
TOPIX 972.11 △1.27
値上がり銘柄 870銘柄
東証マザーズ指数 473.95 ▼15.42
値下がり銘柄 646銘柄
日経ジャスダック平均 1320.52円 ▼1.96円
変わらず 154銘柄
騰落レシオ 117.87% ▼0.85%

日経平均

米国金融規制懸念が薄らいだことなどから買い先行だが上値は重く最後は軟調

 米国市場でダウ平均が堅調となったことや円高一服となったことかなどから買い先行となりました。寄り付きの買いが一巡した後も先物の買い戻しなども見られ堅調となりました。外国人売買動向(市場筋推計、外資系10社ベース)も金額ベースでは売り越しながらも株数ベースでは買い越しと伝えられたこともあり、堅調な展開となりました。それでも心理的な節目でもある11000円を試す場面では上値も重く、11000円を抜けないと見ると手仕舞い売りも嵩んで、狭い範囲ながらも上げ幅を縮小して前場の取引を終わりました。

 後場は寄り付きこそ買い先行となったもののいつものことながら方向感無く小動きとなり、上値の重さを嫌気すると見切売りや手仕舞い売りに押されて上げ幅を縮小する展開となりました。昨日までの下落の割りに戻りが鈍く、持高調整の売り買いの中で売りが優勢となって指数の上値を押さえていたものと思います。売り急ぐ動きはないのですが、買い気も乏しく上値が徐々に重くなり、最後は手仕舞い売りが嵩んで軟調となりました。

 小型銘柄も朝方こそ堅調なものが多かったのですが、戻り売りや手仕舞い売りに押されるものが多くなり、最後は東証マザーズ指数は大幅下落、日経ジャスダック平均も小幅安となりました。先物は朝方はまとまった買い戻しも散発的に見られ、指数を押し上げる要因となる場面もありましたが、それ以外はまとまった売り買いも少なく、大きく方向感を出すようなこともありませんでした。まとまった売りに反応する場面もあったのですが、長続きもせず、指数の方向感を出すまでには至りませんでした。

 過熱感が強い相場の調整局面と見ておいていいものと思います。米国の金融規制も中国の金融引き締めもいずれも景気の過熱を冷ますものではなく、投機の過熱を冷ますものと考えていいものと思います。日本市場でもそうした投機的な買いで上がりすぎた分を今調整しているものと思われ、特に相場の大きな流れが変わったということでもないと思います。今後決算動向を見極めながら、今度は売られすぎた、調整しすぎたものが買われ、まだ調整できていないものが売られることになるものと思います。

テクニカル分析

日経平均

NYダウ

 昨日と同じような水準で小動きとなり、軟調ながらも底堅い展開となっています。ストキャスティックスは底値圏まで下落となりましたが、RSIはまだ下値余地もあり、まだこの節目と見られる3月もみ合い水準、1月高値水準、10800円〜900円水準での底堅さ、遅行線が日々線にサポート、あるいは意識するところでの底堅さを確認する動きとなるものと思います。

TOPIX

NYダウ

 引き続き基準線にサポートされて底堅い展開となっています。ただ、RSIやストキャスティックスはまた下値余地もあり、1月高値水準、基準線、といったこの節目水準での底堅さを確認する動きがまだ続き、下値を探るようなもみ合いでの日柄調整となって来るのではないかと思います。

円相場

NYダウ

 基準線でのサポートを確認するように反発となりましたが、もどりも鈍くなっています。ストキャスティックスは底値圏となったのですが、RSIはまだ下値余地もあり、もう少し下値を探る場面もあるかもしれません。引き続き基準線にはサポートされて底堅さは見られるものと思います。

銘柄ピックアップ

反発するものも多いが指数は軟調

キヤノン(7751) 4250 ±0

 米国市場でダウ平均が堅調となったことや円高一服となったことに加え、欧州航空規制も解除されそうだとの思惑もあり、買い先行となりました。ただ、戻り売りも多く、上値の重さを嫌気する売りもあって上値の重い展開となりました。

いすゞ(7202) 274 △12

 大幅反発となりました。朝方2010年3月期の連結営業損益が黒字になったと発表、従来予想が赤字だったことや市場の予想も上回ったことから買いが入り大幅高となりました。

サイボウズ(4776) 38700 △2350

 2010年2−4月期の連結営業利益が前年同期比で2倍強となりそうだと新聞で報じられ、収益向上が好感されて買われ大幅高となりました。

ACCESS(4813) 155600 ▼800

 次世代送電網(スマートグリッド)市場に参入、企業や家庭の電力を効率的に使用できる「スマートメーター(次世代電力計)」向けの通信ソフトを開発したと発表したことが好感されて買われ大幅高となったのですが、後場に入ってからは戻り売りや見切売りも嵩み結局軟調となりました。

三菱商(8058) 2331 ▼43

 米国金融規制懸念は一服となったものの燻っており、欧州での金融不安や中国の金融引き締め懸念が強い中で海外の商品市況が軟調となったことが嫌気されて手仕舞い売りに押されて軟調となりました。

コマツ(6301) 1833 ▼43 、 日立建(6305) 2074 ▼66

 総じて反発となる相場展開のなかで軟調となりました。中国で金融引き締め懸念が強まっていることを嫌気する売りに押され、手仕舞い売りを急ぐ動きや持高調整の売りもあり、軟調、大幅安となりました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集