調査リポート
» 2010年04月13日 12時15分 UPDATE

47%の新入社員「5年後、景気は良くなっている」

あなたは何のために仕事をしますか? 新入社員に聞いたところ「人間的に成長するため」と答えた人が最も多く、次いで「社会に貢献するため」「自分の夢を実現させるため」と続いた。三菱電機調べ。

[Business Media 誠]

 社会人に必要だと思う要素は何ですか? 新入社員に聞いたところ「責任感」(45.4%)と答えた人が最も多く、次いで「コミュニケーション力」(41.0%)、「向上心」(26.4%)であることが、三菱電機の調査で分かった。昨年の結果と比べると、トップ3の順位は変わらないものの、「責任感」が5ポイントの増加。また5年前と比べると、9.5ポイントも増えている(関連記事)。「個々の『責任感』と周囲の調和を図るための『コミュニケーション力』を重視するという、バランスのとれた結果となった」(三菱電機)としている。

yd_work2.jpg 社会人にとって必要な要素(出典:三菱電機)

 また何のために仕事をしますか、と聞いたところ「人間的に成長するため」(34.4%)と答えた人が最も多かった。このほか「社会に貢献するため」(32.6%)、「自分の夢を実現させるため」(16.1%)、「生きていくための方便として」(13.4%)と続いた。5年前の新入社員と比べ、「社会に貢献するため」が10.5%も増えた。また例年順位は変わらないものの、「人間的に成長するため」と「社会に貢献するため」の開きが小さくなっている傾向がうかがえた。

理想の上司はどんなタイプ?

 理想の上司はどのようなタイプですか? この質問に対し、最も多かったのは「人格に優れた人」(72.3%)。次いで「仕事に情熱を持つ人」(50.9%)、「責任感の強い人」(26.6%)、「公私の別なく相談しやすい人」(26.0%)という結果に。理想の上司では人間性や仕事に対する姿勢を重視する一方、「友達感覚で話のできる人」(1.6%)や「きめ細やかな指示をする人」(4.9%)といったタイプを求める新入社員は少ないようだ。

yd_work.jpg 理想の上司はどのようなタイプですか? (出典:三菱電機)

 5年後の景気は現在と比較してどうなると思いますか、と聞いたところ「良くなる」と答えた新入社員は47.3%。「横ばい」が42.0%、「悪くなる」が10.7%だった。2年前の調査と比べると、「良くなる」が23ポイントも増加。「『就職氷河期』と言われた今年の新入社員は5年後の景気はこれ以上悪くならないと考えている人が多い一方で、『超売り手市場』と言われた2008年当時の新入社員は、景気の先行きを冷静に分析していたようだ」(三菱電機)

 郵送による調査で、2010年4月に入社した新入社員695人が回答した。調査期間は3月1日から3月12日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集