調査リポート
» 2010年04月13日 11時59分 UPDATE

炭酸飲料に流れた!? ミネラルウオーター市場の拡大がストップ

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 矢野経済研究所は4月12日、「ミネラルウォーター市場に関する調査結果」を発表、2009年度のミネラルウオーター市場を前年度比4.8%減の2180億円と見込んだ。ここ数年、市場は順調に拡大していたが、矢野経済研究所では「夏場の天候不順や景況感の悪化による消費者の買い控え、また消費者の嗜好(しこう)が、近年のトレンドであった無糖飲料から、炭酸飲料など有糖飲料に流れたことなどが市場縮小の要因となった」と分析している。

ah_minera.jpg ミネラルウォーター市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所)

 一方、2009年度のボトルウオーター(ボトル形状で宅配される水)市場は、前年度比14.3%増の560億円と見込んでいる。急速に市場は拡大しており、市場規模は5年前(2004年度)の5倍弱にまで成長している。

 矢野経済研究所ではその理由として、「重たい水を店舗から運ばなくてもよいこと」「冷水と温水を飲み分けられる利便性」「日本の住環境に合わせたスリムなデザインのサーバーが出てきたこと」を挙げている。

ah_botoru.jpg ボトルウォーター市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集