コラム
» 2010年04月13日 08時00分 UPDATE

映画でポン!:女子の夢『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS. 男子の夢『空気人形』、どっちがイタい? (1/2)

誠読者にオススメしたい映画を2つ取り上げ、あれやこれやと対決させる連載『映画でポン!』。第3回の勝負は人間の少女ベラとヴァンパイアの少年エドワードの恋を描いた『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS.ラブドールが心を持ってしまう『空気人形』。男子と女子の夢を描きながらもある意味でイタい両作品。対決の結果はいかに?

[櫻井輪子,Business Media 誠]
ah_wakosasa.jpg

わこちん(左) 映画好きの絵描き。エドガー・ポーツネルを超えるヴァンパイアはいないと思っているオタク。結構突っ込み。

佐々爺(右) 映画好きのオヤジ。ぺ・ドゥナちゃんの乳は星3つ、とつぶやいたおっぱい星人。意外とボケ。


わこちん(以下わこ) 3回目を無事迎えました、『映画でポン!』。今回は少女漫画VS. 青年劇画って感じですよ。女子を代表して『ニュームーン/トワイライト・サーガ』を支持させていただきます、いただきます……が。

ah_pon1.jpg

佐々爺(以下佐々) が? 何じゃ? ちょっと分が悪いとか思ってんだろ、お前。ラスト近くで大爆笑してたもんな。あそこで爆笑しちゃ〜、女子として駄目なんじゃないのか?

わこ だってーーー! 「私のために喧嘩しないで!」ですよ!? もう「キターーー(顔文字略)ーーー!!」って感じで笑うしかないでしょうがっ。

佐々 いや、女子はあそこでうっとりできるんだよ。お前はもう女子じゃないから笑っちゃうだけで。

わこ うっ(ぐさ!)、そんなひどい(涙目)。でも、ちょっと待ってよ。少女漫画育ちの私は主人公のベラに感情移入しつつうっとりしてましたよ。何たって、超イケメンのヴァンパイアと狼男が「私」を取り合って喧嘩だもん! ヨーロピアンお耽美な彼とネイティヴアメリカンのワイルドわんこな彼、どっちか選べだなんて、そんなーきゃ〜! 無理無理(嬉)、みたいな。……まあ、リアルな私は笑っちゃいましたけど〜。

佐々 そこが駄目なんだよ、最初っから最後までベラに感情移入できないようじゃ、女子として落第だろ?

わこ むっ、落第ついでに言わせてもらえば、ヴァンパイアのエドワードがちょっと、タイプじゃないっていうか、ヴァンパイアとしてちょっと……。彼がもっとタイプだったら徹頭徹尾うっとりできたと思う!

佐々 好みがうるさい奴だなあ……。

わこ あごが割れてるヴァンパイアはちょっと……。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のトム・クルーズとプラピにだって駄目出ししたくらいなのに。何かさー、ハリウッドのイケメン分類って、“アメフトのクォーターバックのハンサムガイ”と“それ以外”しかないみたいなんだもん。文学部的美青年はオタクに分類されちゃうっていう乱暴さで、ヴァンパイアに適切な容姿ってのが分かってないんじゃないかと小一時間……。でも、狼男の容姿はばっちり。浅黒い肌のネイティブ系で、かわいくてちょいマッチョでさー。ああいう路線なら分かるのね、米国人も(ぶつぶつ)。

佐々 で、支持すんの? しないの?

わこ あ! 支持しますよ。女子の夢満載だもん。超ビューティフォーな人外キャラとの恋愛ものですよ! しかもラブラブ(死語)。だけど、種族の違いが2人の恋に待ったをかけて、すれ違いラブ要素もありーの、三角関係ありーの! イタリアまで行って「彼を殺すなら私を殺して」って言ったかと思えば、「この娘には私たちの力が及ばない」とか言われちゃって、「ごくごくフツーの女の子が実は何だか特別な存在?」っていう中2女子の脳内がそのままスクリーンに焼き付けられたようなすばらしさですよ!

佐々 えーっと……、それってちゃんとほめてるのか?

わこ ほめてますって! 今までは漫画でしか拝めなかった妄想がスクリーンで見られるなんて、それこそ夢のようじゃーあーりませんか!

佐々 何か張り付いた笑顔が怖いけど、まあいいや。わし的には「もう勝手にやってろよ、このバカップルがっ」って感じで、当て馬にされる狼男のジェイコブがかわいそうになっちゃったよ。献身的に尽くしてくれたジェイコブをあっさり捨てて……、「ベラめ、何て女だ!」と思っちゃった。

わこ いやいや、ベラちゃんだって苦悩してますって。でもエドワードは運命の人だからしょうがないのよ。いつか自分もヴァンパイアになって2人は永遠の恋人になるんだからさ〜、はぁ……うっとり。

佐々 だったらもう、すぐに永遠の恋人になっちゃえばいいんじゃないの? 周囲を振り回してないでさー。

わこ ロマンがないなあ、それじゃ駄目なの。いろいろ苦悩した末じゃないとつまらないじゃない。ドラマ的にも、ベラちゃんの心の盛り上がり的にもさ。

佐々 結局、主人公ベラちゃんが盛り上がるのが一番大事なわけだな、なんというイタさ……。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集