調査リポート
» 2010年03月31日 16時30分 UPDATE

関東在住者が住みたい街1位は吉祥寺、では2位は? (1/2)

日常生活を過ごす街。住んでみたいと思う街を聞くと、関東在住者のトップは「吉祥寺」、関西在住者のトップは「夙川」だった。マクロミル調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 日常生活を過ごす街。性別や年代などによって街に何を求めるかは変化するものだが、どんな街が人気を集めているのだろうか。

 マクロミルの調査によると、「住みたい街を選ぶ際の重視点」を尋ねたところ、最も多かったのは「交通の便が良い」で88.9%。以下、「買い物に便利」(84.6%)、「治安が良い」(78.9%)、「通勤・通学の利便性が高い」(64.0%)、「自然環境が良い」(57.8%)が続いた。

 男女別に見ると、「通勤・通学の利便性が高い」(男性66.0%、女性62.0%)や「飲食店が充実」(男性36.2%、女性30.8%)は女性より男性の比率が高く、「買い物に便利」(男性78.2%、女性91.0%)や「治安が良い」(男性73.8%、女性84.0%)は男性より女性の比率が高かった。

ah_maku1.jpg 住みたい街を選ぶ際の重視点(出典:マクロミル)

 東京都では東京スカイツリーのようなモニュメントが建設されているが、住民は地域にどんな施設を求めているのだろうか。「街にあったら魅力的なもの」を聞くと、トップは「大きな公園」で70.1%。以下、「美しい街並み」(60.5%)、「商店街・アーケード」(49.1%)、「海・川・山など自然の景観」(48.7%)、「大型商業施設」(47.2%)が続いた。

 男女別に見ると、「大型商業施設」(男性40.4%、女性54.0%)は男性より女性の比率が高く、「超高層ビル・タワー」(男性11.4%、女性6.0%)は女性より男性の比率が高かった。

ah_maku2.jpg 街にあったら魅力的なもの(出典:マクロミル)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集