調査リポート
» 2010年03月31日 08時00分 UPDATE

早く結婚したい……現アラサーと元アラサー、考え方に違い

[Business Media 誠]

 現アラサー(29〜31歳)と元アラサー(35〜37歳)※で、考え方にどのような違いがあるのだろうか。現アラサーは「持ち家がほしい(持っている)」「エコ重視の生活を送っている」「定期的に貯金している」「早く結婚したい」と思っている割合が元アラサーよりも多いことが、パナソニックのアプライアンス・ウェルネス・マーケティングの調査で分かった。

※元アラサー:負け犬やアラサーという言葉が流行した2004年〜2006年に30歳前後であった世代。

 特に「早く結婚したい」については、元アラサー男性が30.7%、女性が34.7%だったが、現アラサーは男性が58.7%、女性が53.8%と、20ポイント以上の差が出た。さらに「疲れを感じる」についても、現アラサーの方が元アラサーよりも25ポイント以上多い。「現アラサーは将来を見据えて堅実に預貯金しているが、プライベートが充実している元アラサーよりも疲弊していることが分かった」(パナソニック)

仕事の価値観について

 仕事の価値観について、現アラサーと元アラサーでどのような違いがあるのだろうか。現アラサーは元アラサーよりも「仕事では人間関係を重視」「やりたい仕事であっても正社員でなければ転職しない」「有給休暇も権利としてフルに使う」といった項目で、それぞれポイントが高かった。一方、元アラサーは「やりたい仕事であればパート・アルバイト・自由業でも転職したい」「残業や休日出勤もいとわない」「食事や飲み会などは会社の同僚とが多い」といった項目で、現アラサーを上回った。

 インターネットによる調査で、35〜37歳と29〜31歳の計900人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集