調査リポート
» 2010年03月26日 09時03分 UPDATE

新社会人の45.2%「海外で働いてみたい」

社会で要求されるさまざまなビジネススキル。この春から社会に出る人たちに、今後磨きたいスキルを尋ねると、語学が最も多かった。ロゼッタストーン・ジャパン調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 もう3月も終盤、4月には新入社員が入ってくるという会社も多いだろう。彼らはどんなビジネススキルが大事だと考えているのだろうか。

 ロゼッタストーン・ジャパンの調査によると、2010年4月に就職を予定している人たちに「今後磨きたいビジネススキルは何ですか?」と尋ねたところ、トップは「語学」で51.0%。以下、「対人コミュニケーション能力」(46.2%)、「OA・PC」(35.2%)、「プレゼンテーション能力」(31.8%)、「ファイナンス(会計・簿記など)」(20.2%)が続いた。

 同社では「英会話に対する苦手意識と、グローバル化する国際社会における外国語およびコミュニケーション・スキルの必要性を、新社会人が強く意識している表れとみられる」とコメントしている。

ah_migabizi.jpg 今後磨きたいビジネススキルは何ですか? (出典:ロゼッタストーン・ジャパン)

 語学が一番人気のようだが、どの言語を学ぼうとする人が多いのだろうか。「今後、最も身に付けたい言語」を聞くと、「英語」が92.2%と断トツ。「2番目に身に付けたい言語」では、「中国語」が42.4%でトップ。以下、「フランス語」(16.4%)、「韓国語」(12.6%)、「ドイツ語」(10.0%)が続いた。

ah_donogen.jpg 今後、もし外国語を身に付けるとすれば、どの言語がいいですか? (出典:ロゼッタストーン・ジャパン)

 「将来的に海外で働いてみたいと思いますか?」と尋ねると、「そう思う(とても思う+やや思う)」は45.2%。「そう思う」と答えた人に働きたい国を聞くと、トップは「米国」で46.0%。以下、「英国」(10.2%)、「ドイツ」(7.1%)、「中国」(6.2%)、「フランス」(5.3%)、「オーストラリア」(4.0%)が続いた。

 インターネットによる調査で、対象は2010年4月に就職を予定している日本国内在住の20歳以上の男女500人(男性250人、女性250人)。調査期間は2月26日と27日。

ah_hatakuni.jpg (将来的に海外で働いてみたいと思う人の)働きたい国(出典:ロゼッタストーン・ジャパン)

関連キーワード

ビジネススキル | 新入社員 | 英語学習


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集