コラム
» 2010年03月26日 08時00分 UPDATE

吉田典史の時事日想:どっちが優秀なの? 人事異動が多い人と少ない人 (3/3)

[吉田典史,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

 つまり、この会社の経営状態は、異動がスムーズにできる以前の段階なのだ。取材をしていると、多くの中小企業は売り上げや利益を安定的に捻出(ねんしゅつ)することすら、不十分であることがうかがえる。このあたりができていなくて、毎年、異動を行うことはやはりできないだろう。ただし、成長が著しいベンチャー企業は状況が違ってくる。前述の林さんは、ベンチャー企業については次のように答えていた。

 「このような会社では大企業のような定期異動がなくとも、社員が自分たちの力で部署を大きくし、新たなポストを設けてもらえるようにしていくことができるでしょう。そのこと自体が異動のようなものであり、いまの停滞した企業が多い中ではすばらしいことではないでしょうか」

 こう考えると、中小企業やベンチャー企業では「異動の回数が多い人は優秀で、少ない人はダメな人」と言い切ることはできない。だが、杉山さんの指摘するところの脈絡のない異動をしている人は、少なくとも「優秀な人」とは言えないだろう。

 「異動の回数が多い人は優秀で、少ない人はダメな人?」と問われれば、私は次のように答える。

  • 中堅・大企業:異動の回数が多い人は軌道には乗っているが、その中身が大切。脈絡のない異動や昇進が伴わない場合は、ダメな人。
  • 中小企業:異動の回数が多く、しかも脈絡のない異動はダメな人。
  • ベンチャー企業:「異動の回数が多い人は優秀で、少ない人はダメな人」と言い切ることはできない。ただし、脈絡のない異動はダメな人。

 異動が多いか少ないか、といったことだけでその社員の優劣を判断することは難しいが、1つの判断基準になるだろう。異動のこの時期、自分や周囲を今回紹介したようなことをもとに密かに見つめ直してみるのはいかがだろうか。

お知らせ

yd_yoshidabook.jpg

 4月7日から全国の主要書店で新刊『いますぐ「さすが」と言いなさい!』(吉田典史 著、価格1356円、ビジネス社)を発売します。会社員が職場で損をしないための40の技術を紹介したものです。これに先立ち、来週、この時事日想で読者プレゼントの案内をいたします。ふるってご応募ください。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集