調査リポート
» 2010年03月23日 17時20分 UPDATE

ビジネスパーソンと学生の朝のメディア事情 (1/2)

普段の朝、どのような形で情報を入手していていますか? 20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ「テレビ(民放)」と答えた人が最も多く、次いで「PCでのインターネット」「携帯電話/モバイル端末でのインターネット」と続いた。アサヒ飲料調べ。

[Business Media 誠]

 朝の時間を活用したいというビジネスパーソン(946人)は、どのようなことをしたいと考えているのだろうか。20〜30代のビジネスパーソンに聞いたところ「ニュースや情報をじっくり見たり、読んだりする」(61.0%)と回答した人が最も多いことが、アサヒ飲料の調査で分かった。次いで「インターネットで情報収集」(52.6%)、「朝食をとる」(51.1%)、「PCや携帯電話のメールをチェックする」(35.6%)と続いた。

 また朝の時間を活用できている人(468人)に、実際に取り組んでいる活用方法を聞いたところ「ニュースや新聞をじっくり見たり、読んだりする」(55.3%)がトップ。このほか「朝食をとる」(46.8%)、「インターネットで情報収集」(46.4%)、「PCや携帯電話でメールをチェックする」(35.7%)という結果に。資格取得のための勉強などは、38.1%の人が朝の時間の活用方法として関心を持っており、また実際に16.9%の人が学習しているなど、朝から勉強する若手ビジネスパーソンが出現していることが分かった。

yd_morning.jpg (出典:アサヒ飲料)

ビジネスパーソンと学生の朝のメディア事情

 普段の朝、どのような形で情報を入手しているのだろうか。この質問に対し、テレビ(民放)」(63.3%)と答えた人が最も多く、次いで「PCでのインターネット」(40.3%)、「携帯電話/モバイル端末でのインターネット」(27.5%)、「新聞(朝日、読売、毎日、産経)」(20.9%)と続いた。ちなみに大学生にも聞いたところ「テレビ(民放)」(64.3%)がトップだった。このほか「携帯電話/モバイル端末でのインターネット」(41.5%)、「PCでのインターネット」(39.0%)、「新聞(朝日、読売、毎日、産経)」(29.3%)だった。

yd_media.jpg (出典:アサヒ飲料)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集