調査リポート
» 2010年03月19日 19時45分 UPDATE

お花見に欠かせない飲み物&食べ物といえば

あなたはお花見をどのようにして楽しみますか? アサヒビールの調査によると「歩きながら桜を鑑賞する『散歩派』が最も多く、次いで「昼間にお弁当を持参する『ピクニック派』」だった。

[Business Media 誠]

 お花見に欠かせない飲み物といえば何ですか? 20歳以上の人に聞いたところ「ビール」(65.5%)と答えた人が最も多いことが、アサヒビールの調査で分かった。「ビール」と答えた人からは「犬の散歩にビールや第3のビールを持参し、公園に出ている屋台でやきそばを購入して桜を眺めながら飲む」(男性40代)といった意見があった。

yd_asahi.jpg お花見に欠かせない飲み物(出典:アサヒビール)

 2位には「お茶・コーヒー」(39.3%)がランクイン。「時期的に肌寒いときもあるので、案外温かい飲み物も好評」(女性50代)など、保温性のあるボトルやタンブラーで温かいお茶やホットコーヒーを持参するという声も多かった。3位以下は「発泡酒その他」(22.1%)、「チューハイ」(21.6%)、「ジュース」(17.7%)と続いた。

 一方、お花見に欠かせない食べ物といえば何だろうか。この質問に対し、最も多かったのは「おにぎり」(32.8%)。「おにぎりが食べたくなるので、漬物と一緒に」(女性60代)、「中は鮭、おかか、梅干しが最適」(男性60代)など、素手で食べられるシンプルな「おにぎり」を好む人が多いようだ。2位以下は「手作りのお花見弁当」(29.9%)、「市販のお花見弁当」(21.1%)、「揚げ物(唐揚げ、ポテトフライなど)」(20.8%)、「焼き鳥、串焼き」(20.5%)と続いた。

yd_asahi2.jpg お花見に欠かせない食べ物(出典:アサヒビール)

 またどんな風にお花見を楽しみますか、と聞いたところ「歩きながら桜を観賞する『散歩派』」(54.3%)がトップ。「家族と一緒に散歩を兼ねて桜を観賞したいという声が多く、1つの場所で腰を据えたお花見よりも、場所取り不要の『散歩派』が意外に多い」(アサヒビール)としている。2位以下は「昼間にお弁当持参の『ピクニック派』」(45.6%)、「お酒を飲みながらの『宴会派』」(31.5%)、「ライトアップで艶やかな『夜桜派』」(14.3%)、「車でめぐる『お花見ドライブ派』」(14.1%)と続いた。

 インターネットによる調査で、20歳以上の男女4773人が回答した。調査期間は3月10日から3月16日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集