ニュース
» 2010年03月17日 15時08分 UPDATE

日本コカ・コーラ、ソーラーパネルを搭載した環境配慮型自動販売機を設置

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 日本コカ・コーラは3月16日、ソーラーパネルと蓄電池を装備した環境配慮型飲料水自動販売機「ecoる/ソーラー」を開発、3月から順次設置すると発表した。

 同自動販売機の特徴は、ソーラーパネルで発電した電力を蓄電池に充電しておき、それを夜間に使用することで、夜間照明の消費電力量ゼロを実現したこと。製品ディスプレイ部分にはLED照明を採用し、人感センサーで明るさを制御することによって、夜間照明の消費電力量を抑制している。また、既存の環境配慮型飲料水自動販売機と同様に、ヒートポンプ冷熱機能やノンフロン冷媒、最新の真空断熱材を装備して、省エネ性能を高めている。同社では「ecoる/ソーラー」の設置を積極的に推進し、2010年中に全国で約1500台を設置する計画。

ah_ecorusolar.jpg ソーラーパネルと蓄電池を装備して夜間照明の消費電力量ゼロを実現した環境配慮型自動販売機「ecoる/ソーラー」

関連キーワード

自動販売機 | 環境配慮 | 照明 | 太陽光発電


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -