調査リポート
» 2010年03月11日 14時13分 UPDATE

小・中・高校生に聞く、40歳になれば何をしている? (1/2)

あなたはなりたい職業がありますか? 高校生に聞いたところ「ある」と答えた人は50.6%であることがベネッセコーポレーションの調査で分かった。同社が2004年に実施した調査と比べ、16.2ポイントも減少していることが明らかに。

[土肥義則,Business Media 誠]

 あなたは40歳くらいになったとき、どんなことをしていると思いますか? 小・中・高校生に聞いたところ「親を大切にしている」(79.0%)という答えが最も多いことが、ベネッセコーポレーションの調査で分かった。このほか「幸せになっている」(77.6%)、「子どもを育てている」(67.3%)、「自由にのんびり暮らしている」(63.0%)が上位にランクイン。身近で現実的な将来をイメージしている子どもが多いことが明らかになった。その一方、「世界で活躍している」(13.8%)や「有名になっている」(14.6%)といったことをイメージしている子どもは2割を切った。

yd_student2.jpg あなたは40歳くらいになったとき、どんなことをしていると思いますか? (出典:ベネッセコーポレーション) 

 なりたい職業はありますかと聞いたところ、高校生で「ある」と答えたのは50.6%。同社が2004年に実施した調査と比べ、16.2ポイントも減少していることが明らかに。また中学生(7.8ポイント減)や小学生(5.3ポイント減)でも、減少傾向にあることがうかがえた。

 具体的になりたい職業を聞いたところ、男子の小・中学生で「野球選手」、高校生で「学校の先生」がトップ。一方の女子は小学生で「ケーキ屋さん、パティシエ」、中・高校生で「保育士、幼稚園の先生」が1位だった。「2004年の調査結果と比べ、全体的に『芸能人』になりたい子どもが増えているが、中・高校生で安定した職業を志望する傾向に変化はない」(ベネッセコーポレーション)としている。

yd_student.jpg (出典:ベネッセコーポレーション) 
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集