調査リポート
» 2010年03月09日 12時01分 UPDATE

あなたはどっち? コーヒー派それとも紅茶派

あなたはどのくらいの頻度でコーヒーまたは紅茶を飲んでいますか? ぐるなびの調査によると、コーヒーについては「1日に2杯以上」という人は半数を超えたが、紅茶はまちまちだった。

[Business Media 誠]

 あなたはコーヒーと紅茶、どちらが好きですか? コーヒーと紅茶を飲むという人に聞いたところ「紅茶」(26.5%)に比べ、「コーヒー」(73.5%)と答えた人が圧倒的に多いことが、ぐるなびの調査で分かった。年代別に見てみると、20代(コーヒー派57.1%、紅茶派42.9%)は他の世代と比べて紅茶を好む人が多く、50代(同80.1%、同19.9%)はコーヒー派が多いという結果に。

 コーヒーと紅茶、それぞれどのくらい飲んでいるのだろうか。コーヒーを1日に2杯以上飲んでいる人(1日に4杯以上《15.8%》、1日に2〜3杯《40.2%》)は56.0%。紅茶については「1日に2〜3杯」(8.6%)という人から「月に1杯くらい」(8.3%)という人まで、飲む頻度はまちまちであることが明らかに。

yd_coffee.jpg (出典:ぐるなび)

 またどんなシーンでコーヒーまたは紅茶を飲んでいますかと聞いたところ、コーヒーは「仕事、勉強、家事の合間」(55.3%)と答えた人が最も多かった。次いで「日中のんびりしているとき」(40.7%)、「朝食時」(37.7%)だった。一方の紅茶は「おやつのとき」(37.9%)が最も多く、以下「日中のんびりしているとき」(34.5%)、「仕事、勉強、家事の合間」(29.0%)と続いた。

 コーヒーと紅茶にはどんな食べ物が合うと考えている人が多いのだろうか。紅茶よりもコーヒーに合うデザートは「アイスクリーム」(77.1%)と答えた人が最も多く、次いで「ドーナツ」(73.7%)、「チョコレート」(73.6%)、「スナック菓子」(65.5%)、「マシュマロ」(65.2%)だった。一方、コーヒーよりも紅茶に合うのは「ういろう」(64.5%)がトップ。以下「フルーツ」(63.8%)、「その他の和菓子」(63.1%)、「スコーン」(54.0%)と続いた。

yd_coffee2.jpg (出典:ぐるなび)

 インターネットによる調査で、20〜69歳の男女1719人が回答した。調査期間は2月18日から2月19日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -