連載
» 2010年03月03日 11時00分 UPDATE

ちきりん×phaの「そんじゃーダラダラと」(1):5W1Hに忠実な新聞よりも、グチャグチャな「圧縮新聞」の方が面白い理由 (1/4)

正体を明かさない謎の社会派ブロガー・ちきりんさんと、日本一のニートを目指しているphaさんの対談1回目。ちきりんさんは、phaさんが作った「圧縮新聞」の面白さを語ると同時に、権威ある文章がパターン化されていることを指摘した。

[土肥義則,Business Media 誠]

 謎の社会派ブロガーのちきりんさん、日本一のニートを目指しているphaさん。ネットの世界で注目されている2人が、新聞など権威ある文章が、いかにパターン化されているかを語り合った。ちきりん×pha「そんじゃーダラダラと」対談を全10回にわたって連載する。

pha(ふぁ)さんのプロフィール

31歳。大阪府大阪市出身、現在は東京都内に在住。京都大学を24歳で卒業し、25歳で就職。できるだけ働きたくなくて社内ニートになるものの、28歳のときにインターネットとプログラミングに出会った衝撃で会社を辞める。今は毎日ふらふらしながら「日本一のニート」を目指している。

独学で覚えたプログラミングを用いてネットに数々のWebサービスを公開。また、プログラマなどが集まったシェアハウスである「ギークハウスプロジェクト」を運営している。

phaのニート日記


お笑いの部分が同じ

yd_pha.jpg phaさん

土肥(編集部) phaさんは「日本一のニート」を目指されているようですが、大学卒業後は働いていたんですよね。

pha 大学を卒業するときに「できるだけ働かなくて済む楽そうな仕事はないかなあ」と探していました。それで適当な楽そうな会社の事務員として、「働きたくないなあ」と思いながら嫌々3年ほど働いていました。

 ところで、なぜちきりんさんと僕が対談することになったんでしょうか?

土肥 ちきりんさんに「誰かと対談しませんか?」とお声をかけたところ、「phaさんとお会いしたい」と指名がありまして。

pha それは光栄ですね。

土肥 ちきりんさんは、なぜphaさんと対談を希望されたんですか?

ちきりん 1年半ほど前に、phaさんが作られているプログラムを見たんです。それがとても面白くて。最初に見たのが「圧縮新聞」。このほか「訃報ドットコム」「村上春樹風に語るスレジェネレーター」など、どれもこれもメチャクチャ面白い。また面白さだけではなく、感動もしたんですよね。

 なぜ感動したかというと、私は“おちゃらけ社会派”と称してブログを書いています。そのおちゃらけ……つまり笑いの部分で目指しているものが、phaさんのプログラムの面白さと同じだと感じたからなんです。「あ〜、私もこういう面白さを文章で表現したいんだ」って。

pha 僕もちきりんさんのブログは読んでいました。よく友達の間でも話題になっていますし、読んでいて面白いなあと思っています。

ちきりん 本当ですか?

pha 本当ですよ。主張はいつもすごくはっきりして分かりやすいですし、文章も分かりやすい。その上、おちゃらけ成分が入っているので、すごく読みやすいので読み物として好きですね。

ちきりん ありがとうございます。

pha 僕のプログラムもふざけたものが多いのですが、自分は生粋のプログラマではないと自覚してますね。プログラム自体は大したことないんですが、発想で勝負という感じで。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -