連載
» 2010年03月01日 08時00分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:ユニクロの新ジーンズブランド「UJ」の恐るべき破壊力 (1/2)

勢いが止まるところを知らないユニクロ。次の一手はカジュアルウェアの最もベーシックなアイテムであるジーンズだった。しかし、その戦略はあらゆる競合を撃沈させるインパクトを持った一撃だったのだ。

[金森努,GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年2月18日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


ah_kana1.jpg Creative commons.Some rights reserved.Photo by fortree

 2月17日、ユニクロは新ジーンズブランド「UJ」を発表した。ユニクロがジーンズを発売というと、あまりに当たり前に感じてしまうのか、大手メディアではあまり大きな扱いの記事にはなっていない。だが、その詳細を知るに、驚いた。ファッション関連の専門サイトFashionsnap.com(ファッションスナップ・ドットコム)が詳しく伝えている(参照リンク)

 記事は次のように始まる。「UNIQLO(ユニクロ)」のジーンズが生まれ変わり、新ジーンズブランド「UJ」が誕生した。2010年春は54型を揃え、1990円〜3990円の3プライス制を導入。「ジーンズを変えていく。」をコンセプトに、世界一のジーンズブランドを目指す。加えて、ユニクロ取締役COO大苫直樹氏のコメントも掲載している。「グローバル戦略商品であるUJをユニクロの代表的ブランドとして育て、世界で一番売れているジーンズブランドになるのが究極の目標。」とのことで、これまでのユニクロのジーンズの年間販売数である1000万本を大幅に越える規模の販売を狙うことを示唆した、という。

 UJの登場は、ジーンズ製品を扱うすべてのアパレルメーカーを震撼(しんかん)せしめたことだろう。ユニクロを持つファーストリテイリングには、傘下にジーユーがある。2009年3月に990円ジーンズとして市場に登場し、9カ月100万本の販売実績をたたき出した。日経MJのヒット商品番付でも西の横綱に輝いたことも記憶に新しい。UJのラインアップが加わり、グループで1000円〜4000円の価格レンジが揃うことになる。しかもUJは54の型番を持っているのだ。恐ろしいまでの「面」を押さえる戦略だ。

 さらに、定番デザインに加え、今、最旬のデザインジーンズを毎月5〜7型リリース(ファッションスナップ・ドットコム)するというから、時間軸でみれば面ではなく奥行きも持っていることになる。あらゆる人が自分の一本を見つけることができるだろう(同)と伝えているが、ユニクロの戦略は顧客に複数購入させる「アップセリング」が基本だ。すべての人々のクローゼットにUJが2〜3本入っているようになるのかもしれない。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2016 Globis Corporation All rights reserved.

Loading

注目のテーマ