調査リポート
» 2010年02月19日 15時31分 UPDATE

イマドキ男子とかつての男子、お金の使い道に違い (1/2)

イマドキ男子(20代)とかつての男子(30〜40代)に、どのような違いがあるのだろうか。なりたいと思うイメージを聞いたところ、20代は「自然体」に対し、30〜40代の人が20代のころになりたかったのは「かっこいい」がトップだった。アサヒ飲料調べ。

[Business Media 誠]

 イマドキ男子(20代)とかつての男子(30〜40代)に、どのような違いがあるのだろうか。20代の人に生活実態を聞いたところ「家でゲームやインターネットをするのが好き」(60.2%)と答えた人が最も多く、次いで「飾ることが嫌い/自分らしいことが大切」「外出することより家で過ごす方が好き」(いずれも51.2%)という結果に。一方、30〜40代の人に、20代のころのことを尋ねると「家にいるより外に遊びに出る方が好き」(56.6%)、「コンビニによく行く」(49.0%)、「家族や友達など身近な人を大切にする」「ワンランク上に憧れ・幸せがあると思う」(いずれも45.0%)であることが、アサヒ飲料の調査で分かった。

yd_man1.jpg
yd_man2.jpg 現在のあなたにあてはまるもの(20代)、20代のころのあなたにあてはまるもの(30〜40代、出典:アサヒ飲料)

 なりたいと思うイメージを聞いたところ、20代は「自然体である」(45.4%)がトップ。次いで「中身がいい」(44.6%)、「さわやか」「優しい」(いずれも43.2%)と続いた。30〜40代の人に、20代のころになりたいと思った人のイメージを尋ねると「かっこいい」(38.6%)がトップ。以下「自然体である」(36.0%)、「中身がいい」(35.6%)、「遊び心のある」(35.2%)と続いた。20代は30〜40代に比べ「かっこよさ」よりは「ナチュラルさ」や「さわやかさ」を重視する傾向がうかがえた。

yd_man3.jpg なりたいと思う人のイメージ(クリックして拡大、出典:アサヒ飲料)

主なお金の使い道

 20代の人に、主なお金の使い道を聞いたところ「預貯金」(65.4%)がトップ。なるべくぜいたくを避け、将来に備える様子がうかがえた。次いで「食費」(58.6%)、「飲み会などの交際費」(47.4%)、「コンビニなどでの日常の消費」(45.2%)、「インターネット」(43.4%)だった。一方、30〜40代の人に、20代のころのお金の使い道を聞いたところ「飲み会などの交際費」(60.8%)、「デート代」(59.0%)、「クルマ」(52.6%)、「旅行やレジャー」(52.0%)、「食費」(50.2%)という結果に。

yd_man4.jpg 主なお金の使い道(クリックして拡大、出典:アサヒ飲料)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -