速報
» 2010年02月10日 08時56分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:欧州金融不安や米「出口戦略」懸念も一段落、値ごろ感からの買いも入って大幅高 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>10058.64△150.25

<NASDAQ>2150.87△24.82

<為替:NY終値>89.69-89.75

欧州金融不安や米「出口戦略」懸念も一段落、値ごろ感からの買いも入って大幅高

 ギリシャの問題が解決に向かいそうだとの思惑から欧州での金融不安が後退、信用収縮懸念も薄れたことから、商品市況も堅調となり、米国市場は大幅高となりました。ダウ平均が10000ドルと言う節目を割り込んだことで、値ごろ感からの買いが入ったことや、予想を上回る四半期決算や投資判断の引き上げなどもあったことから相場を押し上げる要因となりました。中国での金融緩和も春節を前に一段落となったこともハイテク銘柄の上昇を後押しする要因となったものと思います。

 「羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)」ではないですが、「金融不安」と言う信用収縮の動きに敏感になっていたものが投機的な資金も含めてお金がしっかりと流れそうだということで株式市場のセンチメントも好転したようです。新興国の経済発展に牽引されて個別企業の業績はしっかりと回復しており、「金融相場」から「業績相場」への移行が、右往左往しながら進んでいるということでしょう。今後も「出口戦略」が取りざたされるたびに押し目を確認するような状況が続くものと思われます。

 個別には投資判断の引き上げのあったキャタピラーが買われて大幅高、商品市況が堅調なことから、前日に大幅下落となった反動もあり、パブリック・ゴールドやニューモント・マイニングなど金鉱株が大幅高となりました。欧州での金融不安が薄れたのですが、銀行株はまちまち、バンク・オブ・アメリカは小幅安、JPモルガン・チェースは堅調となりました。信用収縮懸念が薄れたことで、好調な業績を見直す動きからアップルやインテルIBMなどハイテク銘柄は軒並み堅調、予想を上回る四半期決算を発表したコカ・コーラも高くなりました。引け後に決算発表を控えていたウォルト・ディズニーも堅調、引け後に発表された決算も予想を上回り、時間外取引でも買われています。

本日の相場

日経平均

 昨日の日本市場は米国株が大幅下落となった割には底堅い展開となりました。方向感のない展開とはなりましたが、決算発表が行われる中で業績回復を好感する買いもあって市場全体に底堅い展開となったものと思います。ただ、世界的な金融引き締め懸念と信用収縮懸念が根強く、積極的に買い上がる動きも限定的であり、また、市場参加者もいっこうに増えず、指数は小動きとなったものと思います。

 米国市場が大幅高となったことや為替が円安に振れたことから買い先行となりそうです。昨日引け後に発表になった工作機械受注も順調な回復を示しており、本日の寄り付き前に発表される機械受注も予想を上回るような展開になれば目先的な底入れ感が強まり戻りを試すことになりそうです。世界的な信用収縮懸念が一旦薄れたことから、足元の決算が好調とされたハイテク銘柄などの輸出株などが物色されそうで、商社株や非鉄株なども商品市況の上昇を好感する格好で買い直されるのではないかと思います。

 日経平均は9900円水準を保ったことで底堅さが確認され、まずは10000円台回復を目指すことになりそうです。機械受注が予想を上回るようであれば、10000円水準をあっさりと抜けて、次の節目である10100円台半ばの水準まで戻るのでしょうが、特に材料視されるほどの数字でなかった場合や持高調整の売りが出るようであれば案外上値も重いのかもしれません。オプションSQ(特別清算指数)算出に絡んで、10000円の攻防となる可能性もありそうです。

本日の注目点

◇2010年2月10日(水)

◇ 12月の機械受注(内閣府)

◇ 1月の企業物価指数(日銀)

◇ バーナンキ米FRB議長が議会証言(下院)

◇ 12月の米貿易収支

◇ 1月の米財政収支

◇ 1月の中国貿易統計

◇ 決算・12月期:キリンHD(2503)、昭和電工(4004)、ライオン(4912)、旭硝子(5201)

◇ 決算・4−12月期:大成建設(1801)、大林組(1802)、清水建設(1803)、鹿島(1812)、大和ハウス工業(1925)、森永乳業(2264)、日清紡HD(3105)、電通(4324)、太平洋セメント(5233)、住友大阪セメント(5232)、島津製作所(7701)、オリンパス(7733)、シチズンHD(7269)、東京急行電鉄(9005)、小田急電鉄(9007)

◇ 決算・10−12月期:米ニューヨーク・タイムズ、ブラジル・ヴァーレ、仏サノフィ・アベンティス

◇2010年2月11日(木)

◇ 1月の米小売売上高

◇ 1月の中国消費者物価指数

◇ 決算・10−12月期:米ペプシコ、仏ルノー、ダノン、クレディ・スイス

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集