調査リポート
» 2010年02月08日 11時42分 UPDATE

結婚するカップル数減少、披露宴の単価下落――ブライダル市場は4年ぶりに縮小

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 矢野経済研究所は2月5日、「ブライダル市場に関する調査結果」を発表、2009年のブライダル関連産業の市場規模は前年比1.5%減の2兆7607億円と、2005年以来4年ぶりに縮小したことが分かった。厚生労働省では2009年の婚姻組数が前年比で約1万2000組減少したと推計しており、市場へのインパクトは大きかったようだ。

ah_burai.jpg ブライダル関連産業市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

 ブライダル関連市場で最もシェアの大きい挙式披露宴市場は、前年比1.4%増の1兆5150億円と見込んでいる。しかし、矢野経済研究所では「長期化する景況の悪化、雇用不安といった状況は、単価の下落をもたらしており、400万円台以上の挙式披露宴は堅調だが、ボリュームゾーンである中価格帯の披露宴を施行する企業の集客は厳しい。同価格帯の婚礼者の一部は、披露宴を取りやめ挙式のみを行うか、挙式に少人数の食事会をプラスするにとどめる動きにシフトしている」とコメントしている。

ah_kyohiro.jpg 挙式披露宴披露パーティ市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

関連キーワード

結婚 | 矢野経済研究所 | 市場規模


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集