連載
» 2010年02月01日 11時00分 UPDATE

上杉隆×小林弘人「ここまでしゃべっていいですか」(8):“つぶやいて”はいけない……日本の公職選挙法ってヘン (1/3)

2008年12月にスタートしたNHKのオンデマンド放送。2009年度の事業収入は約23億円を見込んでいるが、2009年11月末時点で2億円ちょっと。不振の原因について、インフォバーンの小林弘人CEOが語った。

[土肥義則,Business Media 誠]

 ジャーナリスト・上杉隆氏とインフォバーンの小林弘人CEOによる、対談連載8回目。NHKの発表によると、2008年12月にスタートした「NHKオンデマンド」の事業収入は2009年11月末時点で計約2億1000万円。2009年度の当初予算見込みの約23億円を大幅に下回っている。不振の原因について、インフォバーンの小林弘人CEOが分析した。

小林弘人(こばやし・ひろと)

1994年、インターネット文化を伝える雑誌『WIRED』日本版を創刊。1998年、株式会社インフォバーンを設立し、月刊『サイゾー』を創刊した。2006年には全米で著名なブログメディア『ギズモード』の日本版を立ち上げた。

現在、インフォバーンCEO。メディアプロデュースに携わる一方、大学や新聞社などに招かれ、講演やメディアへの寄稿をこなす。著書に『新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に』(バジリコ)のほか、『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』(日本放送出版協会)の監修を務めている。


選挙でつぶやいてはいけない

yd_kobayashi.jpg インフォバーンの小林弘人CEO

上杉 これまで記者クラブを批判してきた、多くのフリージャーナリストが消されてしまいました。テレビや新聞にバッタリ出なくなったり……。時代が違っていたら、私は処刑されているかも(笑)。しかしなぜ自分の場合、まだ続けられるかというと、インターネットの力が大きい。

 インターネット上では「斜め上杉」と呼ばれたり、「反日上杉」だったり、いろんな形で批判されています。しかし記者クラブを批判してから、次のような書き込みが増えたんです。「上杉、たまにはいいこと言う」「上杉、これだけは正しい」と。急に評価が変わったのではなく、インターネット上の世論がこの問題に気づいただけのことだと思いますが。

小林 雑誌メディアはゲリラですから。記者クラブに噛みついてきた歴史がありますが、インターネットはこれからですよね。Twitterユーザーが増えて、どこかの記者会見に行こうとして締め出されたら、「これ、おかしくね?」といった感じで、多くの人が気づき始めるのではないでしょうか※。

※小林氏の予測どおり、現在Twitter上ではその通りの事態になっている。
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ