ニュース
» 2010年01月25日 15時45分 UPDATE

動画で見る“お手軽”電気自動車(EV)

お手軽、といっては言葉は悪いが、巨大な自動車会社ではなくてもクルマを企画開発できるのが電気自動車のポイントの1つ。家庭用100V電源から直接充電できる。

[斎藤健二,ITmedia]

 より燃費が良いという観点、そしてCO2排出量減という地球環境に良いというエコの観点など、電気自動車(EV)はさまざまな観点から注目されている。しかしもう1つ忘れてはいけないポイントが、パーツ点数の少なさから(約3分の1といわれている)大“自動車企業”でなくとも開発、生産が可能という点だ。

 1月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催された「EV・HEV駆動システム技術展」には三菱自動車、スバルなどの大手自動車メーカーに交じって中小企業による電気自動車が参考展示されていた。

 動画で紹介するのは、NPO法人HSVP浜松のMiluira。そしてモータースポーツ活動で有名なタジマモーターコーポレーションのEVミニスポーツだ。いずれも“一人乗りの小型電気自動車で原付扱い(ただしミニカーカテゴリーのため免許は普通自動車免許が必要)。家庭用の100V電源から充電できる”というもの。大きなエンジンを搭載する必要がないということもあり、ボディの形状にも自由度が高い。HSVP浜松のコンセプトカーでは、シャシー部分を共通とし、上部は各社が自由に載せかえられる形をとっていた。

※それぞれの電気自動車はカテゴリーとしては原動機付自転車ですが、免許は普通自動車免許が必要です。お詫びし補足させていただきます。

 いくつかの電気自動車について動画で紹介しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集