調査リポート
» 2010年01月20日 15時54分 UPDATE

子どもたちも“苦しい”? 「預金0円」が ジワリ

あなたはお年玉をいくらもらいましたか? お年玉をもらった子どもに聞いたところ、1人当たりの平均金額は3万6556円と、昨年に比べ231円減少していることが分かった。京都中央信用金庫調べ。

[Business Media 誠]

 あなたがもらったお年玉は、全部でいくらですか? お年玉をもらった子どもに聞いたところ、1人当たりの平均金額は3万6556円と、昨年の3万6787円と比べ231円減少していることが、京都中央信用金庫の調査で分かった。最も落ち込みが大きかったのは「中学生」(4万1534円)で、昨年より3652円減少。このほか「小学生」(3万3337円)は1506円、「高校生」(5万1688円)は474円、いずれも減少した。一方、「保育・幼稚園児」(2万8779円)は768円増加した。

yd_money.jpg お年玉を全部でいくらもらいましたか? (出典:京都中央信用金庫)

 もらったお年玉のうち預金に回したのはいくらくらいだろうか。1人当たりの預金額は2万5961円で、昨年(2万6209円)よりも248円減少した。一方「預金しない」という人は14.7%と、昨年(13.0%)よりも1.7ポイント増加。「お年玉の減少傾向は、子どもたちの貯蓄意欲にも影響を与えているようだ」(京都中央信用金庫)としている。

 同信金の本支店に来店した子どもたち1163人が回答。調査期間は1月4日から1月6日まで。

お年玉を使った買いたいモノ

 子どもたちはどのくらい預金しているのだろうか。1人当たりの預金額は9万6289円で、昨年(10万6229円)より9940円減少した。最も預金額が多いのは「保育・幼稚園児」で10万7529円、次いで「中学生」(9万5920円)、「高校生」(9万4554円)、「小学生」(8万8466円)と続いた。一方「預金をもっていない」という人は5.1%。昨年と比べ1.4ポイント増えている。

yd_money2.jpg 1人当たりの預金額(出典:京都中央信用金庫)

 お年玉を使って買いたいモノや行きたい所を聞いたところ、「テレビゲームなど」(32.2%)がトップ。このほか「洋服・靴」(19.8%)、「キャラクターのおもちゃ」(19.5%)、「本・マンガ」(17.2%)、「携帯ゲーム機」(13.1%)と続いた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -