連載
» 2010年01月20日 08時00分 UPDATE

-コデラ的-Slow-Life-:常識の斜め上をいくZORKI-4の操作

ジャンク扱いで入手した旧ドイツ製カメラの「ZORKI-4」。とにかく回すところだらけという構造だったので、仕組みを把握するために回りそうなところを回していくことにした。

[小寺信良,Business Media 誠]

 ジャンク扱いで入手したZORKI(ゾルキー)-4。購入した時はフィルム巻き上げレバーが空回りしている状態で、シャッターチャージができなかった。少なくとも巻き上げができなければ、状態が分からない。ZORKI-4はこのレバーのほかにも、とにかく回すところだらけという構造である。とりあえず仕組みを把握するために、あちこち回りそうなところを回していくことにした。

 フィルムカウンターは、単に円盤がぐるぐる回るだけである。巻き上げノブを1回転するたびに、1メモリ分進むという構造らしい。

 反対側の、ファインダー部にめり込んだようなノブは、フィルムの巻き戻しである。そのままではファインダー部と高さが同じで回せないのだが、引っ張り上げると回せるようになる。その外側のレバー状のパーツは、ファインダーの視度調整だ。このあたりの作りは、原型であるLeica(ライカ) IIIとよく似ている。

ah_IMG1803.jpg 視度調節まで一体化した巻き戻しノブ

 裏ブタは、底部の2つのロックを回して外すスタイル。フィルムの巻き上げ側は、別途専用の巻き取りスプール※が必要である。旧ドイツのカメラには、こういう機構のものが多い。

※巻き取りスプール……フィルムを巻き取るための軸。
ah_IMG1818.jpg フィルムの巻き上げには専用スプールが必要

 このような構造になっているのは、おそらくフィルム1本分を撮りきる前に、撮影した部分だけを暗室で切り取って現像するためだろう。同様の機構を持つEXAKTA(エキザクタ)などは、わざわざカメラ内部にフィルムをカットするためのカッターまで付いている。つまり交換用のスプールがたくさんあって、こまめに取り替えていたのだろう。

 ただ今となっては、そのカメラ専用スプールがないと全然撮影できないので、わざわざ別パーツにするメリットがなくなってしまっている。

ようやく理解できたシャッター操作

 肝心のシャッターボタンまわりは、外周のリング部分が回せるようになっている。回すとリングが沈み、シャッターが頭を出す。普通の感覚だと、このシャッターが飛び出した状態が撮影可能状態だと判断するところだが、何とこれがそもそも間違っていた。

 リングが沈んだ状態は、リワインドモードだったのである。だから巻き上げリングが空回りしていたわけだ。

ah_IMG1810.jpg リングが沈むと、リワインドモード
ah_IMG1809.jpg リングを上げると撮影状態、ただしシャッターはロックされている
ah_IMG1808.jpg さらにシャッターボタン自身も回転させて、ようやくロックが外れる

 通常の撮影状態は、リングが上がっているのが正解であった。さらに、実はシャッターボタン自体も回転するようになっていて、シャッターのロック機構を持っているというのが分かった。つまり、シャッター周りの二重になった回転機構の組み合わせがちゃんと合わないと、シャッターが降りないという構造だったのである。

 シャッタースピードの設定は、フィルム巻き上げ後に引っ張り上げてダイヤルを回す方式。文字盤は普通に印刷されているだけなので、経年変化ですり切れてしまっているのが残念だ。このあたりがいかにも、「役に立ちさえすればよい」という共産圏らしさを感じさせる。

 ルックスは古くさいが、高速1/1000秒から1秒のスローシャッターまで対応する高機能である。ただし1/30秒だけがなぜか飛び石のように離れていて、1/1000秒→Bへとグルグル回していって、ようやく1/30秒にたどり着くという仕様だ。たぶん1/30秒と、1/15秒から先とはスローガバナー※の機構が違うからなのだろうとは思うが、そのあたり、順番に並ぶように何とかする努力を一切しないところが、一周回ってかっこいい。

※スローガバナー……機械式シャッターでスローシャッターを制御する機構のこと。複数のギアとバネの組み合わせで回転の抵抗を利用して、シャッターが閉じる時間を調整する。
ah_IMG1804.jpg 謎は多いが意外に高機能なシャッター設計

 シャッターダイヤルの手前のところに黒い点が打ってあるのはなんのマーカーだろうかとずっと謎だったのだが、よく見るとシャッターダイヤルの外周も、実はダイヤルになっていた。

 フラッシュ接点のXとMの切り替えだが、接点の位置が真逆の180度を超えて、200度近い角度のポジションにある。普通はそういう配置だと、角度的に近い方にダイヤルを回したほうが良さそうなものだが、そっち側には回らないのである。なぜわざわざそんなに遠回りする設計になっているのか謎だ。

 合理的な部分は極端に割り切り、不条理な部分はまったく改善もされない。シリアルナンバーから予想するに1970年の製造だが、当時日本を始め世界は、すでに一眼レフ時代に向かって走り出していた。資本主義社会の感性では理解できない、“頑張りどころの違い”みたいなものが凝縮されたカメラである。

小寺 信良

photo

映像系エンジニア/アナリスト。テレビ番組の編集者としてバラエティ、報道、コマーシャルなどを手がけたのち、CGアーティストとして独立。そのユニークな文章と鋭いツッコミが人気を博し、さまざまな媒体で執筆活動を行っている。最新著作はITmedia +D LifeStyleでのコラムをまとめた「メディア進化社会」(洋泉社 amazonで購入)。


関連キーワード

-コデラ的-Slow-Life- | 小寺信良


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集