調査リポート
» 2010年01月19日 14時47分 UPDATE

冬のボーナスをもらっても……小遣い「0円」の夫は47.4% (1/2)

あなたは冬のボーナスの中から、夫にいくらくらい渡しましたか? 20〜50代の主婦に聞いたところ、「0円」という人が47.4%。小遣いの平均金額は7万3000円と、昨年よりも大幅に減少した。損保ジャパンDIY生命調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは冬のボーナスの中から、夫にいくらくらい渡しましたか? サラリーマン世帯の主婦に聞いたところ、47.4%の人が「0円(渡さない)」と回答していることが、 損保ジャパンDIY生命の調査で分かった。「過去の冬の調査と比較すると、小遣い“なし”はここ数年増加傾向にあるようで、この冬のボーナスの中から少しでも小遣いを支給されたご主人は、“めぐまれている”と前向きにとらえていいようだ」(損保ジャパンDIY生命)としている。

 「0円」に次いで多かったのは「1〜5万円未満」(22.6%)、「5〜10万円未満」(17.2%)、「10〜15万円未満」(7.8%)という結果に。小遣いの平均金額は7万3000円と、昨年よりも3万8000円減少した。

yd_bonus.jpg (出典:損保ジャパンDIY生命)

 民主党政権がスタートし、歳出抑制策として世間の注目を集めた事業仕分け。家計の事業仕分けはどのように行われているのだろうか。「予算の見直し、または縮減」については、家族や自身の「衣料品・服飾費」(56.2%)と答えた人が最も多かった。また「予算の見送り、または廃止」は「クルマの購入」(43.4%)や「海外旅行」(38.9%)など、高額な支出が敬遠傾向にあるようだ。

 ボーナスの使い道にシビアな決断を下す一方、「これまでの予算通り」では「子どもの教育関連」(72.1%)がトップ、次いで「夫の小遣い」(54.8%)が続いた。ちなみに「自分の小遣い」については、67.4%の人が「見直し・縮減/見送り・廃止」を考えていることから「自分の小遣いを削ってでも子どもや夫のために予算に振り分けようとする、けなげな妻の姿勢がうかがえた」(損保ジャパンDIY生命)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -