調査リポート
» 2010年01月12日 12時10分 UPDATE

技術者が働きたい会社、トップはあの電機会社

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 日本のもの作りの現場を支えている技術者。どのような仕事観を持っている人が多いのだろうか。

 就職・転職情報サービスの日経HRの調査によると、メーカー技術者に「仕事内容の満足度」を尋ねると、「満足(非常に満足+満足)」は33.9%、「どちらとも言えない」は34.6%、「不満(不満+非常に不満)」は31.5%と3分されている現状が分かった。年代別に見ると、「不満」の比率は30代が39.0%と最も高く、最も低い50代以上(20.9%)の倍近い水準となっている。

ah_sigoman.jpg 仕事内容の満足度(出典:日経HR)

 どんな時に転職しようと思うのだろうか。「転職する理由・きっかけ」を聞くと、トップは「スキルアップ・ステップアップしたい」で65.8%。以下、「将来性に不安」(59.4%)、「給与や待遇への不満」(53.4%)、「専門性やスキルを生かせる仕事がしたい」(52.3%)、「今より良い条件の環境で働きたい」(49.3%)が続いた。

 年代別に1位の理由を見ると、20代は「スキルアップ・ステップアップしたい」、30代は「将来性に不安」、40代は「給与や待遇への不満」、50代以上は「専門性やスキルを生かせる仕事がしたい」とそれぞれ異なっていた。

ah_tenriyu.jpg 転職する理由・きっかけ(出典:日経HR)

 「働いてみたい会社」を尋ねると、トップは「パナソニック」で33.2%。以下、「ホンダ」(32.6%)、「ソニー」(28.9%)、「トヨタ自動車」(28.5%)、「キヤノン」(23.2%)、「任天堂」(19.8%)、「東芝」(15.4%)、「シャープ」(15.4%)が続いた。

 日経HRでは「日本経済新聞が2009年8月3日に発表した『主要企業の研究開発費ランキング』の上位に入っている企業がこの調査でも上位にランクインしており、エンジニアは業界大手に加え研究開発に力を入れる企業への転職を望んでいるようだ」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は日経キャリアNET会員のメーカー技術者298人。調査期間は2009年11月4日から17日。

ah_hatakai.jpg 働いてみたい会社(出典:日経HR)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集