ニュース
» 2010年01月06日 18時46分 UPDATE

JR東日本、年末年始の利用状況は過去最悪の落ち込み

JR各社によると、2009〜2010年の帰省ラッシュピークは12月30日と1月3日。新幹線・在来線特急の利用者数は過去最大の落ち込みとなった。

[Business Media 誠]

 JR各社は1月6日、年末年始(12月25日〜1月5日の12日間)の利用状況を発表した。新幹線・在来線特急の利用者数は昨年比−7%の1202万人で、集計を開始した1991年以来、1999年と並んで過去最大の落ち込みとなった。今回のピークは、帰省が12月30日、Uターンが1月3日。

 1999〜2000年の年末年始は、コンピュータの2000年問題があったため、出控えする人が多かった。JR東日本では「今回は景気低迷、連休が取りにくい曜日配置の悪さが主要因だと思うが、年明けからの高速1000円も影響したのでは。ただし近距離の利用者数は前年以上。遠くへ行かず、近場で済ませる人が増えたのではないか」(広報部)とコメントしている。

ay_jr01.gif 昨年と今年の曜日配列の比較と、期間中の新幹線・特急・急行列車の利用状況(JR東日本)
ay_jr02.gif 初詣関係駅の降車人員(JR東日本)
ay_jr03.gif 期間中の新幹線・特急・急行列車の利用状況(JR西日本)。JR西日本では在来線利用者が前年比−9%減で、過去最大の落ち込みとなった。
ay_jr04.gif 初詣関係駅の降車人員(JR西日本)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集