調査リポート
» 2010年01月05日 19時44分 UPDATE

“逆チョコ”人口が増えている? 「女性へチョコをあげたい」――27.2%

今年のバレンタイデー、どのように過ごしたいですか? 10〜30代の未婚男女に聞いたところ、「お金をかけずに自宅で楽しむ」という人が多いようだ。森永製菓調べ。

[Business Media 誠]

 あなたはバレンタインデーをどのように過ごしたいですか? 10〜30代の未婚男女に聞いたところ「一緒にDVDを見たり、ゲームをしたりなど、おうちでのんびりしたい」(55.6%)という人が最も多いことが、森永製菓の調査で分かった。このほか「料理やデザートを手作りして、おうちで食事を楽しみたい」(39.3%)、「映画を見に行くなど、予算はあまりかけずに過ごしたい」(38.1%)など、お金をかけず自宅で楽しむという人が多いようだ。

 一緒にチョコレートを作ってみたいですかと聞いたところ、男性では7割以上(72.8%)、女性では6割以上(68.0%)が「一緒に作ってみたい」と回答。また「一緒にチョコレートを作る」イメージを尋ねると、「微笑ましい」(63.0%)がトップ。次いで「自分もやってみたい」(26.6%)、「憧れる」(24.3%)と続いた。この結果について、森永製菓は「仲の良いカップルを連想させる、ポジティブなイメージのようだ。一緒に作ることがきっかけで、2人の絆がさらに深まっていくかも」としている。

yd_choco.jpg (出典:森永製菓)

女性へチョコをあげてみたい男性は3割

 バレンタインの時期に、女性へチョコレートをあげた男性はどのくらいいるのだろうか。女性にチョコレートをあげたことが「ある」という人は11.7%。また今年のバレンタインに、女性へチョコレートを「あげたい」という人は27.2%と、“逆チョコ”人口は年々増加傾向にあるようだ。

yd_choco2.jpg (出典:森永製菓)

 インターネットによる調査で、10〜30代の未婚男女800人が回答した。調査期間は2009年12月3日から12月4日まで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ