調査リポート
» 2009年12月21日 13時51分 UPDATE

「不安を感じていない」という人、わずか0.2%

ハローワークなどに行って、困っていることが「改善された」という人はどのくらいいるのだろうか。「改善できた」という人は35.2%に対し、「改善できなかった」は65.1%にも達した。日本労働組合総連合会調べ。

[Business Media 誠]
yd_know.jpg 「ワンストップ・サービス・デイ」の取り組みを知っていますか? (出典:日本労働組合総連合会)

 11月30日に全国17都道府県、77カ所のハローワークで「ワンストップ・サービス・デイ」(複数の機関に分かれている職業や住宅、生活支援の窓口を1カ所にまとめ、1回の訪問でさまざまな手続きなどが行えるシステム)という取り組みが始まったが、このことを知っている人はどのくらいいるのだろうか。ワンストップ・サービス・デイを「知っている」と答えた人は20.6%と、まだまだ認知度が低いことが、日本労働組合総連合会の調査で分かった。

 これまで「ハローワーク」「自治体の役所」「社会福祉協議会(社会保険事務所)」などの相談機関に、「行ったことがある」という人はどのくらいいるのだろうか。「いずれかの機関に相談に行ったことがある」という人は51.9%と、半数を超えた。一方「行ったことがない」という48.1%のうち、「相談に関心がある」と答えたのは48.7%。そのうち84.2%の人は「関心はあるが、踏み出せない」と回答した。

 インターネットによる調査で、20〜60代の男女1000人(学生、専業主婦、年金受給者を除く)が回答した。調査期間は11月28日から11月30日まで。

あなたの不安度はどのくらい?

yd_fuan.jpg 今、景気やあなたご自身の暮らしに対してあなたが感じている不安感はどの程度ですか? (出典:日本労働組合総連合会)

 いまの景気や暮らしに不安を感じている人はどのくらいいるのだろうか。「非常に強く不安を感じている(不安度80〜100%)」が最も多く40.9%、次いで「強く不安を感じている(不安度50〜70%)」(31.6%)、「不安を感じている(不安度)」(21.5%)という結果に。一方「ほとんど不安に感じていない(不安度1〜19%)」と答えた人は5.8%、「全く不安を感じていない(不安度0%)」という人はわずか0.2%だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集