調査リポート
» 2009年12月16日 17時57分 UPDATE

新卒と中途採用を「増やす」と答えた業種はどこ

2011年に卒業する大学生の採用見通しはどのようになっているのだろうか。リクルートの調査によると、「増える」と答えた企業は5.5%に対し、「減る」は9.3%だった。また見通しは「分からない」と回答したのは36.6%にも達した。

[Business Media 誠]

 依然として厳しい経済環境が続いているが、新卒採用の見通しはどのようになっているのだろうか。2011年に大学(大学院を含む)を卒業する人の、採用見通しを聞いたところ「増える」(5.5%)が「減る」(9.3%)を下回っていることが、リクルートの調査で分かった。また採用見通しは「分からない」と答えた企業は36.6%と、前年より11.5ポイントの増加。「景気の先行きが不透明な中で、採用判断を保留としている企業が多くなっていると推測される。これらの企業の採用判断は、今後の景気動向によって大きく左右するのではないか」(リクルート)としている。

 業種別に見ると「増える」が「減る」を上回ったのは、「半導体・電子・電気部品」(+7.4ポイント)、「繊維」(+6.9ポイント)、「コンピュータ・通信機器・OA機器関連」(+5.8ポイント)など一部製造業のほか、「教育・学習支援」(+8.5ポイント)や「飲食サービス業」(+2.9ポイント)にとどまった。

yd_work1.jpg 2011年卒者の新卒採用見通し(出典:リクルート)

中途採用を増やそうとしている企業は1.7%

 中途採用を増やそうと考えている企業はどのくらいあるのだろうか。2010年度の中途採用の見通しを聞いたところ、「増える」と答えた企業はわずか1.7%。また「分からない」と回答した企業は54.9%あり、2009年度の回答割合(50.9%)より4.1ポイント上回った。

 業種別に見ると「増える」が「減る」を上回ったのは、「労働金庫・信用金庫・信用組合」(+2.2ポイント)と「専門サービス業(コンサルティング業など)」(+1.8ポイント)のみという結果に。

yd_work2.jpg 2011年度の中途採用見通し(出典:リクルート)

 電話またはFAXによる調査で、従業員数5人以上の民間企業4400社が回答した。調査期間は10月14日から11月6日まで。

IT業界に就職したいあなたへ――「就ラボ」に登録してみませんか?

 今年も就職活動の季節がやってきました。内定取り消しに採用数激減……2010年度卒の就職活動生はつらい苦戦を強いられました。2011年卒の新卒採用状況は去年と比べてどう変化するのでしょうか?

 @IT自分戦略研究所では、学生の学生による学生のためのIT業界研究サイト「就ラボ」(IT業界就職ラボ)を更新中。マイナビ、リクナビの編集長に2011年度新卒採用の動向を聞いた記事や、「情報理工学生はグーグルの演奏家・指揮者を目指す」「『オタクが欲しい』――採用担当が明かす本音」など、ここでしか読めない記事が満載です。

 IT業界への就活に役立つ情報がぎっしり詰まった「就ラボ」。会員になると、記事を読めるだけでなく、会員限定のサービスを受けられたり、セミナーに参加できたりといった特典があります。会員登録はこちらから。

 →就ラボ(IT業界就職ラボ)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集