調査リポート
» 2009年12月08日 12時15分 UPDATE

若手の職種別年収ランキング、リーマン・ショック後も上位は金融関連

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 インテリジェンスは12月8日、「DODA職種別平均年収ランキング2009−2010年版」を発表した。2008年9月〜2009年8月に同社の転職支援サービスに登録した人のうち、25〜39歳の約9万人(平均年齢30.7歳)の給与データを集計したところ、平均年収は前年比5万円減の456万円だった。

 前年調査との比較が可能な58職種のうち37職種で平均年収が減少しており、インテリジェンスでは「2008年秋の“リーマン・ショック”に端を発した不況の影響を反映したものと考えられる」とコメントしている。

 職種別に見ると、トップは「投資銀行業務」で880万円。以下、「運用会社(ファンドマネジャー、アナリスト、ディーラー)」(847万円)、「法人営業(メガバンク、地方銀行、証券)」(716万円)、「ITコンサルタント」(621万円)、「プロジェクトマネジャー」(614万円)、「コンサルタント」(608万円)、「経営企画・事業企画・新規事業開発」(608万円)、「MR」(601万円)が続いた。

 上位3職種を金融系が占めているが、インテリジェンスでは「特に35歳以上で1000万円を超える高い給与水準となっていることに加え、金融危機下での人員整理に伴い、年収の高い外資系出身者が転職市場に出てきているケースが見受けられ、金融系職種の平均年収を押し上げた」と分析している。

ah_souran.jpg 総合ランキング(出典:インテリジェンス)

 地域別ランキングを見ると、1位「関東」(467万円)、2位「東海」(440万円)、3位「関西」(438万円)とトップ3の順位に変動はなかったが、各地で軒並み平均年収が減少。特に東海で前年比12万円減、北海道・東北で同9万円減と下落が目立った。

ah_tiiran.jpg 地域別ランキング(出典:インテリジェンス)

関連キーワード

給料 | ランキング | 転職 | 金融危機


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

新着記事

news020.jpg
困っている人のための企画術:
news007.jpg
明日を変える働き方:
news051.jpg
サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:

アクセスランキング