調査リポート
» 2009年12月03日 12時35分 UPDATE

勝ち組「ゼロ飲料」、負け組「ミネラルウオーター」――2009年飲料市場

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 富士経済は11月30日、「2009年の飲料市場調査結果」を発表、2009年の市場規模を前年比1.3%減の4兆9433億円と見込んだ。富士経済では不振の理由について「景気悪化、夏場の天候不順に加え、消費者の生活防衛意識が続き、低価格製品への需要シフトがさらに進んでいることが要因」とコメントしている。

ah_insizyo.jpg 2009年飲料市場規模(出典:富士経済)

 分野別に見ると、最大市場の嗜好飲料市場は前年比2.7%減の1兆8541億円。中でも缶コーヒー市場が「景気悪化により、特に職域ロケーションの自販機売上が大きく落ち込んでいる」(富士経済)ことから、前年比1.7%減の7513億円と見込んでいる。

 減少著しいのはミネラルウオーター市場で、前年比6.1%減の2450億円。「消費者の節約志向から高単価の輸入ミネラルウオーターがマイナス成長。また、夏場の天候不順や消費者の買い控え(水道水ないしは浄水器を使って水道水を飲用)から苦戦を強いられた」(富士経済)。

 一方、炭酸飲料市場は前年比5.4%増の5761億円と好調。富士経済では「『コカ・コーラゼロ』や『ペプシネックス』、『三ツ矢サイダーオールゼロ』などのカロリーゼロ訴求製品のヒットが要因」と分析している。

ah_tanin.jpg 2009年炭酸飲料市場規模(出典:富士経済)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ