コラム
» 2009年12月03日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:お菓子から化粧品、ノートまで――賢いサンプルの配り方とは? (1/3)

アンケートへの協力などを条件とした、無料の“サンプル配布”が各分野で盛んだ。しかし筆者は、ただ単純にサンプルを配っているだけでは効果は小さいと主張する。どのようなことを考えて配布すれば、効果が高くなるのだろうか。

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

マーケティング・リサーチ、新規事業の企画・開発・実行、海外駐在を経て、1999年より2008年9月までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略、業務プロセス改革など多数のプロジェクトに参画。 2008年10月1日より独立。コンサルタント、エッセイストの顔に加えて、クリエイター作品販売「utte(うって)」事業、ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わる。著書に『ナレッジ・ダイナミクス』(工業調査会)、『21世紀の医療経営』(薬事日報社)、『顧客視点の成長シナリオ』(ファーストプレス)など。2009年5月より印刷業界誌『プリバリ[印]』で「マーケティング価値校」を連載。中小企業診断士。ブログ→「マーケティング・ブレイン


 ここ数日、サンプルづいている。「Jabra STONE」(携帯電話の通話用ヘッドセット)、「ナレッジストック/KNOWLEDGE STOCK」(メモとノート)、そして「みどり豊」(お米)。いずれもサンプル(試供品)を手に入れた。

ah_DSC00724S.jpg

 先月当コーナーで記事を書いた“手ぶらで通話ができる”Jabra STONE。「製品発表当日にお持ち帰りいただくことはできませんでした」という手紙が添えられ、後日“実機サンプル”が送られてきた。市販価格は1台1万数千円もするのに。

 ナレッジストックは、ニフティのコマネタのモニター募集に当選した。つまみ食い系文具マニアな私、記事やブログのネタにするため日々情報を収集中。その熱意が通じたのだろうか。

 そして10合のお米は、食シーンに敏感な相棒cherryさんから教えてもらった無料試食キャンペーンに応募したもの。SOHO(Small Office Home Office)ならぬ、SOKO(Small Office Kitchen Office=オフィスで自炊)を実践するわれわれには福音だ。ほくほく。

サンプルって……微妙

 先端デジタルデバイス、文具の新商品、そして生きる糧のお米。“懸賞生活”ならぬ“サンプル生活”。もちろんそれだけでは生きられないが、サンプルがお得なことは間違いない。ここ数日、耳にJabraを付けて手ぶらで歩き、普段使っているノートは一時休んでナレッジストックを使い出し、炊きたてのお米をいただいている(どうやら冷えてもおいしいという)。

ah_PICT0087.jpg

 「無料なら」という消費者のアケスケな欲求と、「売るために配る」という売り手の下心のハザマにあるサンプル。そもそもの構造からして微妙なのだが、「売りたいのか」、それとも「広めたいか」によって配り方は違う。もらう方も、予想もしなかったか、もらいたくて手を伸ばしたのかによっても感想は違う。

 サンプルは無料でも、条件があったりする。Jabraに同梱された手紙には「貴紙誌面でご紹介いただければ」、ナレッジストックでは「記事はニフティのコマネタより投稿してください」、みどり豊は「アンケートにお答えください」。サンプルには狙いが付きものだ。サンプル配布主の誠意を感じる心優しき私、果たして意見にブレは出ないだろうか?

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集